自己紹介

アリマカナコ
文章で作品を作って発表しています。フィクション、ノンフィクション、etc
1991年生まれ。東京都在住。熊本県熊本市出身。
日本大学芸術学部演劇学科劇作コース出身。在学中は劇団を主宰して自主公演を行っていました。
現在は小説、エッセイ、ブログ等々を執筆し、ネット上での発表やイベントでの出展等で活動中。
自身のコンセプトカフェ訪問での出来事や心情をまとめた「メイドカフェご帰宅日記」(2015年)が100部を完売。他著書多数。


連絡先
arima.oremeru@gmail.com

やってること
・イベント出展(文学フリマコミティア、自主企画、etc)

ツイッター
https://twitter.com/arima08

・ブログ(ここです)
http://arikana.hatenablog.com/

・noteも更新中。
https://note.mu/arima08

・ワインnoteマガジン「ワインを飲む。」更新中
note.mu

・熱海旅行小説「熱海旅行へ」更新中
note.mu


2018.01.01更新

直接対話が望めない関係の相手を好きになった時、自動的に手にしてしまう絶大な権力について

育成ゲームなどにみられるプレイヤーによるキャラクターの人格形成は、無抵抗なキャラクターに対する暴力であるという考えのもと、現実社会においても同様に存在するこうした「無意識からなる暴力」を暴き、キャラクターとプレイヤーの関係性を映し出す。

 

育成ゲームに潜む「暴力」とは? 相磯桃花が問い直すキャラクターとプレイヤーの関係性|美術手帖

 

勝手なキャラクターを、生身の人間に背負わせること

について敏感になるのは決まって甲子園の時期とオリンピックの時期。

 

「あの人はきっと、こんなことが好き」

「あの人はたぶん、そういうことは好きじゃない」

が暴走してしまうのは、『あの人』と直接対話が望めない関係なのに好きだから。

人と人の理解が深まるのはそれが当たっていてもいなくてもその答え合わせができた時なのだとして。

直接対話が望めない関係のひとを好きになってしまうということは、言葉をあらかじめ奪われている人間を自分の好きな思いと言葉で彩れてしまうということ

それが暴力なのだとすれば、直接対話が望めない関係の誰かを好きになる時せめて、親しい人と話す時よりもっと耳を澄ませてなければいけない、とおもう。

 

 

 

今その場所にいないということによって得られる自由、得られる表現を

役員に同行した出張で、初めて平日朝の空港ラウンジに行き、飛行機のプレミアムシートに座った。

スーツ姿の男性ばかりで女の人はほとんどおらず、眼をこらすとようやくお年寄りが1人、2人…。

大企業、中小企業問わず女性の部長以上や役員クラスって一体全体の何%なんだろう。

ホストクラブで多額のお金を使う女性は風俗で働く女性が多いと聞くけど、女性が働く水商売のお店に来る男性は水商売をやっている男性の方が多いなんて話は聞いたことがない

と考えはじめるとほら簡単に惨憺たる気持ちになりました。

今でも一般女性の王道な生き方としてぱっと思いつく、玉の輿、寿退職、専業主婦、子どもが生まれてパートで働く、扶養から外れないために年収が130万を上回らないように…

っていう生き方は全然否定できないけど、「王道」とするにはあまりにも貧困と紙一重すぎません?今の時代働いたって貧困かもしれないけど。

 

何ができるかわからないけど、私はだから、大きな視点で見るなら、あなたが女性に生まれたということが、男性に生まれたということが、どこに生まれたか、誰の元に生まれたか、それらの全てが、あなたの持つ資質や志向や能力を何も妨げることがないようにするためにはどうしたらいいかということを考え続けるよ、そしてそのために私にできることを見つけた時には必ずそれをやるよ。

 

私のことに限って言うなら、私は私が今その場所にいないということによって得られる自由、得られる表現を使ってまやかしの希望にだまされず、甘い絶望に酔わずに生きたい。

「こんな私にできること」を探しては実践し続けることが今私がここで生きている意味だと思った。

 

 

www.youtube.com

 

2月の引っ越し

もう少し、ここで上手く暮らせなかったのかな、いや無理だったよね。自分の遺品を自分で整理しているような気持ちで、部屋中のものをひとつひとつ段ボールに押し込んでゆく。

洗濯機も冷蔵庫も本も服もなくなったがらんどうの部屋はもう見知らぬ場所だ。

例えば今日、この家に引っ越してきたのだとして、私は今度はもっと上手に暮らせるのだろうか。わからない。

引っ越しのたびに、過去の自分に別れを告げていく。
2月は寒いのに少し、春の匂いがする。

私には青いものが赤く見える、隣の人は青い物が黄色く見える という世界

音が半音下がって聞こえる副作用がある咳止めを処方されて飲んだら、どういう理屈かしらないけどほんとに生活音全てが半音下がって聴こえるようになった…。

news.livedoor.com

 

違和感に疲れてしまって昨日の昼に飲んで以降断薬しているんだけど1日経って今日もまだ少し音が下がって聴こえる…。

複合機の動く音、電話のコール音、電車の発車メロディー、聞き慣れている音ほど違和感が大きい。

急に違う人の耳と取り替えたみたい。同じ音がこんなに違って聴こえるとは

毎日脳にだまされて生きているよ

おんなじ物がこんなに違って聴こえるなら、私が見ている赤いものがほんとは青いことがあり、青いものを見て黄色だと感じる人も普通にいるでしょう。

でも私が見ている赤色がどんな赤色なのか伝えたくて、言葉を尽くしてみたりする

あの人は絵を描いている、歌を歌っている、踊っている

 

配られたカードで生きる

配られたカードで生きるしかないのが人生、

的なツイートを見て確かに。とおもった。

歳を重ねるごとに、配られたカードと裏返したカードがどんどん自分の傍らに積まれていく。

返さなかったカードには何が描かれていたのか、という気持ちがよぎる時もあるけど、

気にしている暇もなく、まだ目の前には何が描かれているかわからないカードがうず高く積まれており、

外れたら罰ゲームだってあるかも、だけど

それをどれだけだって返して中身を見てもいいのが、今この瞬間生きている人の自由 だと思う

 

「次の食事で何を食べるか」ってどう決めてる?

食、取り分け家庭料理に対する自分のスタイルを明確にしたいなと思って、最近食に関する本をよく読んでいる。

 

きっかけになったのがまず餅井アンナさん著の「食に淫する」

shokuniinsuru.tumblr.com

 

食べるということを「性」の観点から本質に迫っていこうとする本だと思ってます。

それまで私はとても「食べる」ということに無自覚に鈍感に生きていたので、根本的に「食べる」とは、ということについて考えるようになって、美味礼賛を読んだ。

 

美味礼讃 (上) (岩波文庫 赤 524-1)

美味礼讃 (上) (岩波文庫 赤 524-1)

 

 

 

美味礼讃 下 (岩波文庫 赤 524-2)

美味礼讃 下 (岩波文庫 赤 524-2)

 

 それで美食とか、何を美味しいと思うか、ということについて思考が向くようになり、そして、日本で生まれ育ってきた今現在を生きる私にとっての「美味しい」とは?日常で現実的な「美味しい」を日々得るには?とか、あとやっぱり年を重ねるごとに日々摂るべき栄養ってなんなんだろう、どういう食事が栄養的にいいんだろうと考え初めて、

 土井義晴さんの、「一汁一菜でよいという提案」

一汁一菜でよいという提案

一汁一菜でよいという提案

 

 

 稲川えみ子さんの「もうレシピ本はいらない 人生を救う最強の食卓」

もうレシピ本はいらない 人生を救う最強の食卓

もうレシピ本はいらない 人生を救う最強の食卓

 

 

を読んだ。

それからはとりあえずお味噌汁で栄養を摂るということと、白米をいかに美味しく炊くか、食べるかということについて意識して暮らしている。

 

毎食何を食べるか悩むのは楽しみでもあるけど時々苦痛に感じることもあるので、極力栄養バランスが取れている「次の食事で何を食べるか」の決め方についてもっと自分なりのスタイルを確立していきたいなあというのが今である。