自己紹介

アリマカナコ
文章で作品を作って発表しています。フィクション、ノンフィクション、etc
1991年生まれ。東京都在住。熊本県熊本市出身。
日本大学芸術学部演劇学科劇作コース出身。在学中は劇団を主宰して自主公演を行っていました。
現在は小説、エッセイ、ブログ等々を執筆し、ネット上での発表やイベントでの出展等で活動中。
自身のコンセプトカフェ訪問での出来事や心情をまとめた「メイドカフェご帰宅日記」(2015年)が100部を完売。他著書多数。


連絡先
arima.oremeru@gmail.com

やってること
・イベント出展(文学フリマコミティア、自主企画、etc)

ツイッター
https://twitter.com/arima08

・ブログ(ここです)
http://arikana.hatenablog.com/

・noteも更新中。
https://note.mu/arima08

・ワインnoteマガジン「ワインを飲む。」更新中
note.mu

・熱海旅行小説「熱海旅行へ」更新中
note.mu


2018.01.01更新

なりきり複垢がいくつもある人の話・今日の虚構ブログ

しらいちゃんになりたい
意味のない縦ふぁぼ
私の顔じゃどんなに角度を工夫してsnowで撮ってもビューティプラスで加工してもネットアイドルにすらなれないね
君の顔になりたいな
君の顔を私の顔だと思って生きてみるのは楽しい
言うのはタダだし、バレたら垢消せばいいだけ
君の顔になって生きてみるのはとても気持ちがいい
タピオカ飲んで自撮りしたい
私の顔が多屋来夢ちゃんだったら、あの人は私の事好きになってくれていたかな

生身の私の身体は透明になって消えて行けばいい
またサブ垢が一つ増えた

 

メンズ地下アイドルと繋がった女の話・今日の虚構ブログ

私の彼氏の名前を言ってもたぶん誰も知らないでしょう。

アイドルです。

メジャーデビューなんてほど遠い。

インディーズと言えばまだ聞こえはいい。

無所属のド地下アイドルです。男の。

 

ダメ元でツイッターでDMを送ってみたら、返事が来たのをきっかけに。

 

幸せですか?と言われたら、たぶん幸せなんでしょう。

まあでもそんなのは長続きしません。

わかっています。

永遠にきみの夢だけを追ってていいよと言えるほどの財力は私にはなく、

万が一彼が芸能界で成功したのなら、綺麗な芸能人をパートナーに選ぶのでしょう。

ゲスの極み乙女の、あの元奥さんのことを思うと私は眠れなくなってしまう。ベッキーがテレビに出ていると切り替えてしまう。ほのかりんツイッターは100年前からブロックしている。

 

私のことが本当に一番好きなら、他のファンのことよりも、音楽よりも、拍手や歓声よりも夢よりも。だったらアイドルなんか今すぐやめて就職するよね?

私はいつも心のどこかで彼をそうやって責めている。

でも決して彼は私の為にはそうしてくれないだろうということもなんとなくわかっている。

 

だって、まあ、そもそも、ファンとツイッターで繋がっちゃうような男です。「ミキだけだよ。ファンだからじゃなくて、ミキだからだったからだよ。」と繰り返すけど、どうしてそんな言葉信じられるだろう。

 

でもしあわせ。

だってしあわせって言い続けなきゃ、全部終わってしまうから。

 

幸せを確かめたいから、彼推しのファンの女の子達のツイッターのアカウントを鍵リスに入れてしまう。

周りは、外資系企業勤めのの彼と最近結婚した、広告代理店の…、いいなあ私なんか高校の頃の同級生と6年も…

そんな話の中で、

ツイッターのDMで繋がったド地下アイドルの彼氏がいます」

と言えば、酒の肴にされることはあっても、自慢になんか1mmもならない。

だからそんな話が始まった時、私は曖昧に笑って、

「彼氏なんかもう1年半以上いない。いい人いたら紹介してよ」と繰り返す。

 

そんな私にとって、幸せを感じさせてくれるのは、彼と、彼を好きな女の子達だけ。でも私が不幸なのも彼女達のせい。

彼を好きな女の子達が、ライブ中の彼からのちょっとしたレスに喜ぶたび、特典会で囁かれた甘い言葉が自分だけのものだと興奮している時、

「まあ、その後私は彼と二人きりで会ってるんですけどね」

と心の中で唱えるだけで私達は彼女達に勝利できてしまうのが気持ちいい。

 

彼の腕の中では涙が止まらなくなる。

「どうしたの?」

と優しく聞かれる。いつも心から血が流れている。

 

私は彼と一緒にいることよりも、彼女達を眺めている方がしあわせなのかもしれない。確かな勝利が味わえるから。

世界中の99.9999%の人達が私の恋なんかどうでもいいと思うか、あるいは嘲笑の対象にするだけなのに、

この世でたった数人の彼女達だけが、私の恋を心から憎んでくれるであろうから、彼女達のことを好きだと思う日がある。

でも本当に死んで欲しい日の方がずっと多い。

「Da Dad Dada(ダダッドダダ)」/ハラサオリ 観劇後の記録より

「儀式」「葬式」

 

踊るということが

呼吸するということが

逆説的にあなたの死を示す

 

演劇的な発声をしない

演劇的な身体の使い方をしない

それが「父」をなぞらないということ

なのに血の繋がりが消えない

 

人は人の行動を完全な形でなぞることができない/

全く違うように動こうとしているのに どうしてもなぞってしまう

 

意味不明な儀式の果てに死がある

儀式をやめることはできない

あなたの生と死を素材とする

唯一の(たった一人の)身内として

愛憎、復讐と愛

 

意味不明なシステム

繰り返しのようで繰り返しでないアルゴリズムの果てに死がある

 

人が死に 生まれ

そして死ぬ

 

身体の完全な制御/身体の完全な制御はできない

 

人と交わっているようで 本当は誰とも交わっていない

私を主役とし 私以外の全てを脇役とする

 

どれだけ完璧なアルゴリズムで物事が推移しても(させても)

「死」「地震

どれだけそれを回避しようとしても

 

 

 

 

公演概要

f:id:world_conquest:20180402003706p:plain

 

 

観劇後のアリマのメモ

f:id:world_conquest:20180402003853j:imagef:id:world_conquest:20180402003910j:imagef:id:world_conquest:20180402003917j:imagef:id:world_conquest:20180402003927j:image

 

優れた洞察力はもはやエスパーと見分けがつかない(およそ11か月ぶりのバー・ブルームーン)

およそ11か月ぶり?にブルームーンに行こうと思ったのは、つまるところ私の身近に「ブルームーンスワロウテイルのビバレージユニットをきっかけに、オールドインペリアルバーに行ってみたりワインについて学んだりするようになった」という話をして通じる人がいなかった、ということに起因するのだろう。

 

5分前に着いてもバーの前にはチェーンがしてあって、来る日を間違えたのかと不安になる…。意味なく近くのセブンに行ったり時間をつぶしてもまだ開かなくて、いっそもう隣のスーパーポテトの店内でも眺めに行こうか悩みはじめていたところに、時任さんが現れ、待っているお嬢様たちの予約の確認を始めた。

私は両隣が両方とも三人組のお嬢様で、どうしよう私だけぼっち的な気分を味わうのでは…

と若干不安な気持ちだったけど、蓋を開けてみれば両隣のお嬢様たちどちらも楽しそうに盛り上がっていて、かつ私の一挙一動を気に留めずにいてもらえるので、終始私も楽しく気楽に過ごせました。

 

一杯目は古谷さんが作ってくれました。

古谷さんのカクテルブログの語彙力はどこから来てるの?

と聞いて行くとかなりはぐらかされつつも最後に、

やっぱり直接お嬢様がたとゆっくり話せることが少ないから、カクテルの世界観が伝わるように言葉を尽くしています

…みたいな話が少し聴けて、なんかこう古谷さんっていつも核心に触れさせない印象で思考が掴みにくいけど、そうはいっても一番大事なところをちゃんととらえているひとなんだなあと感心してしまった。

この間の黒崎さんの「お嬢様からの視線を意識する」という話

(参考:フットマンとしての誠実さとは。(3月前半ご帰宅記) - 真夜中に」

を聞いていたのもあって、お嬢様方は自身で思っている以上に使用人のみなさんから思われているのでは?という気がした。

チャイナブルーは綺麗な青。さっぱり。おいしかった。

 

二杯目は大河内さんに「お酒!!って感じのが飲みたいです。」とお願いして、サイドカー。コニャックベースのカクテル。
お酒の話がたくさんできてうれしかった!ワインの話もできたし、この間行ったオールドインペリアルバーが意外と居心地よくって、ロマンスグレーのダンディなバーテンダーさんに親切にしてもらった話などもできて楽しかった。こんなにコミュニケーション能力不足の私とでも話が盛り上がるから大河内さんはすごい、安心感がすごい…。

と、おもむろに

「…は、ご自分でされてるんですか?」

と聞かれるも、文頭が聞き取れず何かを自分でした心当たりもなく

「えっ?」

と聞き返すと、視線が私の手元に…
「えっ、爪!?爪ですか!?」

「はい。爪はご自分で磨かれてるんですか?」

「あのー、ネイルサロンで磨くだけのコースっていうのがあって、」

「あっ、なるほど。」

「せっかくだから維持したいと思って自分でトップコートだけ塗り直したり形整えたり…、びっくりした初めて気づかれました…。」

しどろもどろに説明すると、

「よろしいですねー。色がない方が着る服を選ばなかったりいたしますからね。」

と爽やかに褒めていただいた…。

形を整えてトップコートだけ塗った爪なんて私の私による私のためだけのものだから、自分から言わなければ誰からも気づかれるわけがないと思ってたから心底びっくりした~。

カウンター越しに、そもそも暗めの照明のバーでほぼ素爪が手入れされていることに気付けるとか、優れた洞察力はもはやエスパーと見分けがつかないな…。

 

本当のコミュニケーション能力があるひとって大河内さんみたいなひとのことを言うんだなと思います。同じ目線の高さに立ってくれて、安心して話していいんだなと思わせてくれるひと。大河内さんみたいな大人になりたいなあとお会いするたびに思います。

サイドカーはブランデーがガツンと聞いてる大人のお酒でした…。度の強いお酒をちょっとずつ飲みたい気分だったから丁度よかった。

 

三杯目はまたもや古谷さん。「最後にデザートっぽいのお願いします」と伝えて、イタリアンドルチェットを作ってもらうことに。

10か月ぶりに浪川さんにあったら、最初は震える子羊のようだったのに別人かと思うほど頼もしくなっててびっくりしました

という話をすると、

「その話は浪川にも直接されましたか?」

「しましたしました!もう終始、すごいねえ、ほんとにすごいね!!しか言葉が出てこなかったです。」

「よかったです。使用人はお嬢様から褒められるのが生きがいですから…。」

みたいなことをおっしゃってた。あと、最初からなんとなくこなせるけど何も学ばず時間だけが過ぎて行くようなタイプの人間もいるかもしれないですが、失敗を重ねながらも失敗からきちんと学べる浪川はえらいですね、みたいなこともおっしゃっていて、先輩なんだなあと思ったし、古谷さんはつかみどころのない印象と裏腹にやっぱりちゃんと見ているしわかっている人なんだろうという気がした。

そして「で、古谷さんの最初の頃はどうだったんですか?」と聞いたら、

「もう記憶を失ってしまいました。」

(´_ゝ`)

 

イタリアンドルチェットは飲むティラミスって感じで、とても濃厚で甘くてクリーミーで美味しかったです。

 

右隣のお嬢様がたまに話しかけてくださってうれしかった!!メイドカフェの話をしていると、古谷さんがそのお嬢様のカクテルを作り始める…。

急に良心の呵責に苛まれる。私はお嬢様とお話しできるのうれしいけど、こんな私のような二束三文もらっても話す価値があるかわからない人間と話しているより、せっかくブルームーンに来たのなら、使用人の古谷さんと話した方がいいのでは…!つまり私がこのままお嬢様ヲタクしているとお嬢様にとって損なのでは…!しかし古谷さんは黙々とカクテルを作り続けている…!よしではここはひとつ私が一肌脱いで…!

「では古谷さん、ここでお嬢様に愉快な小話をどうぞ!」

我ながらなんと素晴らしいキラーパス…決まった…と思っていると

古谷さん「えっ」

大河内さん「お嬢様(笑)、古谷は芸人ではないですよ!(笑)」

古谷さん「ガールズトークの邪魔にならないように私は静かにお酒をつくっておりまして…」

ちがうんです大河内さん古谷さんお嬢様!!わかって!!私は老婆心で良かれと思ってね…!!

痛恨のコミュ力不足!!!酔っ払いの善意、下手過ぎて誰にも伝わっていないの巻!!

 

 

しかし久しぶりのブルームーン、とっても楽しかったです。

大河内さんにも「時任がロマンスグレーになるまでにはまだまだ時間がかかりそうですが、ぜひこちらにも足をお運びくださいね」

と言っていただいたし、次はそんなに時間を空けずに遊びに行きたいです。

 

 

 

 

 

 

「なんだ別に、私だって可愛いを身に付けて楽しんだっていいんじゃん。」

30歳になった記念に、ロリータ体験サロンへ行った。

10代の頃はKERAをたまに買って読んでいたけれど、ロリータ服なんて私の出身県のどこにも売っていなかったし、街中で着ている人なんか見たことがなかったから、ロリータ服とは鑑賞するものなのだと思っていた。仮に身近に売っていたとしても着ている人がいたとしても、そもそも私のお小遣いでは買えそうもない値段だった。

 

あの頃と違って日常のだいたいのものにそんなに我慢をしなくてよくなった、30歳の私の目に入ったのが、ロリータ体験サロンの広告だった。

 

普段のメイクと印象が違う甘い、でもしっかりしたヘアメイクを施され、 BABY,THE STARS SHINE BRIGHTの赤いジャンスカにふりふりの白いブラウス、ニーソを身にまとった私の姿を鏡で見て…、微妙だった。いや、ブスだった。普段の方がマシだったと思った。もちろん別にここのヘアメイクさんの腕が悪いわけではなく、素材としての私の問題だ。

写真撮られるのもなんだか嫌だったけれど、どこかで写真の私なら…とスケベ心にも似た期待を持って撮られてみたけれど、撮った写真を見せてもらうとやっぱりぎこちなくて、ブスだった。

 

全然似合っていなかったのに、私服に着替える頃にはもうなんでかすがすがしくて、どこへでも行けてしまいそうな気持ちになった。

なんだ別に、私だって可愛いを身に付けて楽しんだっていいんじゃん。別に全然、いけないことじゃないんじゃん。

私服に着替えて全身鏡を見る。こっちの方がしっくり来る。顔と髪がちゃんとしているせいか、いつもよりまともなひとに見える。

 

お店を出てさてどうしようかと思った時、急に思い立った私は駅に向かい、電車に飛び乗った。目的の駅で降りると、グーグルマップと周りの景色を見比べながら、目的のホテルを探し当てて、中へ入る。

最上階のラウンジで、アフタヌーンティー。

私ごときがホテルのアフタヌーンティーに行きたいなんて言っちゃいけない気がして、今までたまにネットで調べても結局誰のことも誘えずじまいだった。

予約していなかったけれど、運よく中に入れた。

一人でアフタヌーンティーなんてと思っていたけれど、この日の私はなんだか堂々とした顔をするのが上手にできて、なんの後ろめたさもなく、優雅に一人でお茶をした。

お菓子もお茶も美味しかった。

さっき、あんなにも可愛いひとにはなれなかったのに、今日私は昨日までよりも自分のことを好きになった。

そしてここにひとりで入れる勇気をやっと手に入れたのが、30歳の今日、だった。

お屋敷における私の立ち位置がどんなものかを説明しなきゃと思い立ったブログ

最近お屋敷の日記結構書いているから、スワロウテイルのお嬢様が私のブログをご覧になる機会もあるのかもしれないと思うと、なんか急に自己紹介というか私の立ち位置みたいなものを説明しとかなきゃみたいな気持ちにかられたので、この記事を書く次第なのですが。

 

私のブログをご覧になったひとはもうわかってしまっているとおもうんですが、私はたぶんお屋敷での当事者意識を欠いていて…、元々は、ていうか今もですが、女性アイドル、女性アーティスト、女の子がキャストとして働くコンカフェなど、基本的に女の子、女性にお金を使うタイプのおたくです。

 

そして私自身はその意識を欠いてしまっているけれど、「スワロウテイルのお嬢様・おぼっちゃま」にアイデンティティを持っているひとが心底可愛い、美しいと思っていて…

というのも例えばお屋敷に帰るためにおしゃれしよう!とおもうその心がまず可愛い。好きなフットマンに会うためにとか、好きな場所に行くために襟を正そうとする姿がすでに美しい。

あと私の可視範囲の話ですがお嬢様活動って結構個人戦じゃないですか?そこも潔くて好きだし…。

個々に理想のお嬢様像みたいなものを持っていて、自分をそこまで押し上げて行こうとする美学、どうしてもそこに自分をあてはめられないと煩悶する時のゆらぎみたいなものも美しいし…、ロリータファッションの美学みたいなものに近しいものを感じます。

あとこれは本当に勝手に萌えてしまって申し訳ないのですが、あの、好きなフットマンがいるお嬢様とかめちゃくちゃ可愛くないですか…。

コンカフェキャストとお客様の恋愛は禁止という現実が、好きになればなるほど「お嬢様とフットマンの恋愛は身分違いだから許されない」

という物語にどんどん近づいてだんだん現実との境目を失っていくさまも美しいし…。キャストとお客さんが仲良くなるにつれ、お店のコンセプトがよくもわるくも形骸化していってしまうコンカフェが多い中で、どんなにお嬢様が常連になっても「お屋敷・フットマン・執事・お嬢様」というコンセプトをあの場所に集う全てのひとが尊重しているからこそ生まれる美しさがあるのだと思います。

あそこで働いていらっしゃるフットマンや執事の方にも、通っていらっしゃるお嬢様にもやっぱりみなさんそれぞれの美学があるじゃないですか。

そこに惹かれて私はあの場所にたびたび足を運んでしまっている気がします。紅茶もワインもスコーンもパスタも美味しいし。

 

だからたまに、私の帰宅時のブログを褒めていただける時があるんですけど、でも私の帰宅時の日記に語彙があるのだとしたら多分それは当事者意識を欠いているからというのが一因で、でもあの場に帰りたいと思う全ての人が可愛いし美しいし本物だから、そのために語彙を失っているのだとしたらその在り方の方がずっと美しいと思うんです。

いくら私がお嬢様を摸したところで私は贋物な窃視者でしかないという罪悪感があるので、でもだとしたらせめて、お屋敷に集う人達の美しさを侵さないままにその美しさを言葉にしたい、というのが私の帰宅誌な気がします。

 

思い込みだったら恥ずかしいんですけど、なんか、お嬢様に怖がられてたりしないかな…?と急に不安になったので説明したいブログでした。