シェイクスピアプロジェクト「冬物語」

明大へ。
明大のホールがめっちゃ綺麗!広い!大きい!

パンフレットとかもぱらぱらめくってたんだけど、装丁凝っててお金かけてる感じしたし、学長・副学長の挨拶とか載ってて学校上げてバックアップしてる感じが新鮮でよかったです。


本編も、最初はホールの大きさの割に声量足りないかなあ…とか思ったのだけれど、劇が進めば進むほど気にならなくなった。

最初二時間半ある、しかも休憩ないって聞いてびくびくしてたけど、中盤に歌とダンスが結構あって最後まで集中力切らさずに見ることができました。


見終わってまず思ったのは、やっぱ古典戯曲やシェイクスピアってすごいなあということ。
古典戯曲って本で読むとくどいし冗長だしおおげさだし、台詞の羅列で読みづらいし…って感じなのだけれど、舞台で見てはじめてそのすごさがわかります。

ハーマイオニーが石像から人間になるとこなんて
「おいおいおいそりゃ無茶だろ!そんなファンタジー要素今までなかっただろ!」
って思いつつちょっと泣きそうになったもんね…。


訳文作りや演出やもちろん役者も学生の方がされていたんだけれど、下手に奇をてらってなくて、原作に忠実な感じがしてそれがすごく好感が持てました。

訳文は、原文を出来る限り現代の言葉の使い方で訳すっていう風な作り方をしてたらしく、役者の年齢にもなじんでて、でも言葉の美しさみたいなのはちゃんとあって、聞いてて良い訳だなーって思った。

衣装もすごくしっかり作ってあって、特にお姫様たちの衣装なんかほんとにお姫様みたいでとっても可愛かった。

帰りに役者さんがロビーで挨拶されて間近で見たら、ハーマイオニー役の人とハーマイオニーの娘役の人がむちゃくちゃ可愛かった…。


なんか劇団四季を見に行きたくなった。


無料なのにこの充足感。無銭だからってがっついてみてよかった…。
またシェイクスピアプロジェクトの公演あったら見に行きたいです。


素敵な週末でした。