BiSワンマンライブ「IDOL is DEAD」@恵比寿リキッドルーム

BiSワンマンへ!
早めに着いたので、物販で21日リリースのシングルprimal.を購入し、ハグ券をゲット。
ソファーに座り、アーバンギャルドの物販の売り子さんが可愛くてちらちら横目で見つつ。

開場前は、なんか一生懸命スタッフさんが整理番号順に並ばせようとしてたけど、開場してちょっと眼を離したすきに「整理番号関係なく入場できます。」となっていた…。


どこに陣取ろうか考えた末、端っこ最前に…。大体どの現場でもここに来たがりがち。


19時半を回ったあたりでアーバンギャルドが登場!
めちゃくちゃ格好良い!変!おかしい!
YouTubeで見た時はあんまりピンと来なかったけど、生で見たらはまりました。
演奏格好いいし、浜崎容子さんのキャラクター!!髪ふぁさっとしたり、無表情で全く力の入ってない感じの振付とか、パフォーマンスがすごい癖になりそうだった
球体関節人形を想起させるストッキングがすごい似合ってた。
黒髪パッツンロングもすっごいよく似合う!
素晴らしい。

そしてもう一人のボーカル、松永天馬さんの存在感。
PVや事前のイメージでは浜崎さんがフロントなのかな?って感じだったのですが、ライブは松永さんがガンガン前に出て、それを意に介せず後ろの方で浜崎さんが自由に歌ってるって感じがすごく楽しかった。

MCも松永さんがガンガン喋るって感じ
「セックスは、お好きですかーーーーーー!」
「「「好きでーーーす!」」」
バンドマンに煽られてるドルヲタの図

あとは曲中にコンドームばらまいてたりしてた。
客席に降りて客席をうろうろしながら歌ってまたステージに戻ったり。
ダイブじゃない!

あと最後の方で曲入る時の浜崎さんがすっと客席を指差して
「きっと、何者にもなれないお前たちへ。」
になんかちょっとぞくぞくしてしまった

浜崎さんのあの独特なテンションが秀逸!高くはないんだけど暗いわけじゃない。
力が入ってないんだけど、やる気がないのとも違う。


そしてそんな爪痕残しまくって帰って行ったアーバンギャルドの後はもちろんBiSちゃん!
スクリーンも準備されて、終始今日はそこに映像が流されていました。
1曲目は「nerve」!
下北沢で見たときもこの曲をやっていましたね。もうしょっぱなからテンションが上がりきっていた!!
そして、1曲目が終わり、MC。ここでユケちゃんの口から卒業が発表。
唖然とする客席。
ベースメントバーで見た時もユケちゃんがいなかったら再びライブに来ようと思ってなかったんじゃないかなってくらい彼女の飛び道具っぷりに惹かれていたので、新参ながらにこれは結構ショックでした…。
あんまりその話を引きずることもなく2曲目。

パプリカ
歌パートじゃない子以外は全力でヘドバンしてる曲。
客も全力でヘドバン。この曲も格好いい! やばい!!

Give me your love全部
イントロ間奏もめちゃくちゃ格好いいんだよなーこの曲。
この曲で確かユケちゃんがちょっと涙ぐんでた…。
間奏のヲタ芸な振付が良い!

My ixxx
サビのaiaiaiaiaiaiaiaiaiaのとこが好き。!

からの自己紹介MC!一応書いておこう
ナカヤマユキコ「コケても、スベっても、前に進むぜ、ユケユケユケシ!ユケこと、ナカヤマユキコです。」
プー・ルイ「ぷーぷーぷーぷー おならプー!BiSのリーダー兼ヨゴレ担当プーチャンこと、プー・ルイです。」
ヒラノノゾミ「きりたんぽうめぇよ?みんな、秋田のことなめたらのんのんのん!のんちゃんこと、ヒラノノゾミです。」
テラシマユフ「古き良き時代から来ました。まじめなアイドル、まじめにアイドル!ゆっふぃーことテラシマユフです。」


太陽のじゅもん
テクノポップって感じの曲。女の子っぽくて可愛い。穏やか。

マグノリア→I’m coming!!!→gugigi→animal

MC
ユフちゃんがストーカー気質ってことで
突如客席から湧くSTKコール。
プー・ルイさんいわく
「ソクバッキーなんですよ。お客さんに対しても。」
だそう。
プー・ルイさんが
「後3曲で終わりです」
って言った時は本気で信じられなかった…
まだはじまってから10分くらいしか経ってないよねって感じだった。

そして本編ラストは
ウサギプラネット→BiSそしてprimal.

からのアンコール。このアンコールのふわふわ感が半端なかった。
「アンコール」→「BiSコール」そしてまた「アンコール」に戻るという…。
まあ、そんなこんなしてるうちにメンバー再登場!
アンコール1曲目はYAHYAHYAH!
やばかったねー。めちゃくちゃ研究員がダイブしまくってたんだけど、後からユケちゃんが
「YAHYAHYAHでダイブしまくってたの、あれ、うちの実兄」ってつぶやいててうけました。


KFC
eat it
nerve
レリビ

nerveの楽しさはほんと間違いない!ほんと楽しい。何度やっても楽しい。
退場するメンバー。
再び湧き起こるアンコール。
すると、今度はユケちゃんに内緒で、ユケちゃんを除く3人だけが登場し、タイトル未定の新曲を披露。
プールイさんが
「ユケには『オフだよ』と伝えてた日に3人で集まって振りの練習してました」
って言ってた。
見てた時は、「なんか残酷だなあ…」と思ったのだけれど、でも例えユケちゃんが抜けても、それがBiSにとって大きな損失でも、それでもBiSは続いていくんだもんなあ、ともおもった。

そこで曲が終わると引っ込むメンバー…。
客電が点いたものの、鳴りやまないユケコール。
ここはもっとライブを見たいからっていうよりも、
「ユケちゃんのために呼び続けなきゃいけない!!」
って感じがした。少なくとも私はそうだった。 1mmも形骸化してないアンコールだった。
泣きじゃくりながら出てくるユケちゃん。続いて他メンバー。
ユケちゃんが泣きながら挨拶して、
プールイが「とにかく時間がないので!」と締めて舞台を降り、ライブは終了。

終演後はロビーでハグ会!
私はユフちゃんとしました。
いや、ほんとはユケちゃんともしたかったのだけれど、新参の私がどんな言葉かけても安っぽくなってしまう気もしてしまった。

ユフちゃんには
「あ、あの、ユフちゃんの歌声が好きです!」
と言ったら、
「ありがとー!」
と言ってハグしてくれました。
ちょっとどきどきしちゃったよ!
ハグが終わるとにこっと笑って
「また来てね!」と。
可愛かった…。


というわけでBiSのワンマンライブ、めちゃくちゃ最高でした!!超楽しかった!
リキッド超満員だったし!
ダイブやモッシュ起こりまくりで、私もモッシュやダイブの影響を受けない端っこ最前で一人自由にたのしみまくってました!
BiSは明らかな上昇気流を感じます。リキッドのキャパじゃまだまだ収まりきれないよ!
ローティーンの子が持ってるのとはまた全然違う「今この瞬間しかない」の輝きがある。


ユケちゃんは年内を持って卒業してしまうのですが、ユケちゃんのこれからを、そしてBiSのこれからを応援して行きたいです。
最高のワンマンライブでした!