12/31うみのて初めて見た日の日記とか感想とか@新宿Motion

about tess × Motion presents "NEXT POP 2011-2012 5DAYS" @新宿Motion

うみのて動画見てたらどうしても行きたくなったので急きょ行くことにしました。2011年年の瀬、大晦日。


前回、開場直後に行ったらすごい場違い感否めなくて死にたくなったので今日はちょっと遅刻ぎみに行きました。


中に入るともう開演していて、一組目のバンドが演奏していました。

BOMBORI
アマゾンの密生林て感じ。濃厚。
ツインドラムっていうのがすごく新鮮でした。
奥の大きいドラムセットに座っている人と、手前の小さいドラムセットに座っている人が曲目ごとに場所を交代しながら叩いていて。
ドラムがこれだけ主張してる演奏って初めて見ました。
ちょっとドラムの振動で酔いそうなぐらい。

でもこの演奏聴いて、たぶん私は楽器の中でドラムが一番好きなんだなと気づきました。


うみのて
やー、生で見たうみのてすごかった!です。
聴きたかった東京駅が聴けてよかった。
動画でもあの迫力だったから、生で見たらもっとすごいんだろうなーと思っていたけど、本当にすごかった。

東京駅ーもはや平和ではない
が連続で来たのがほんともうすごかった!正常異常もよかった。
なんか聴いていると、自分すごく丸くなったと思ってたのに、こう、自分でもあるのがわからなくなるくらい隠していた牙が剥き出しになる感じがする。
自分が一番尖っていた、触れる物皆傷だらけみたいな、11歳くらいの頃の気持ちを鮮明に、自分の戦意が剥き出しになる音楽。
どうしてこんなに自分の戦意を煽り立てられるんだろう。


「東京駅」で笹口さんがスピーカーを置く台に上って
「俺が2011年を終わらせます!」
「10、9、8、7、6、5、4、3、2、1」
「明けましておめでとーーーー!」
とやっていて、聴きながら
『そんなバカな…』
と思いつつちょっと笑った。


MC
高野さんが
「高野とはバンド組みたくないってみんなに言われてたところを笹口くんに拾ってもらいました。」
と話し始めたので、
『あー、年末だしなんか良い話系のMCになるんかな。』とぼんやりと思っていると
「そう言って高野くんは自分の私利私欲のために美味しい汁だけ吸いますからね。腹黒いんですよ。ステージ上でだけは良いこと言ってますけど。」
と笹口さん。

このやりとりがやたらツボでした。だって普通なら謙遜するか、ネタにするためにやたら尊大に出るかのどっちかじゃない。
そのどちらでもなくまさかこのタイミングで相手を糾弾し始めるとはよもや思いますまい。


そして続く二人のやりとり。
「愛してるよ笹口くん」と高野さん
投げチューを返す笹口さん。
ここが今日のハイライト。(?)




うみのてが終わった後転換に入り、飲み物をもらってから物販へ。うみのてのCD(200円)を買いました。


その後、何時まで見るか考えながら次のバンドを見る。
私は翌日早起きしなければならなかったため、結局早々に帰ったのですが、ヤーチャイカがちょっと気になった。
ボーカルの人の声が独特だった。MCぐだってたけど。
別にそんな癒し系の音楽ってわけじゃないのに、聴いててとても心地よかったです。


そしてもっと見たかったけど、翌日早朝からバイトだから早々に帰宅…。
まあライブハウスという超アウェイな現場で年越しするという選択肢はそもそもなかった気がするけども…。
じゃあアットホームな現場がどこかにあるのかというと別に…。
アットホームは家だけでした。



帰りにご飯食べてる時に
「あゆのカウントダウンも見たし、うみのてでライブ納めも終わったし、今年の総括もあゆのカウントダウンの感想も書いたから、私の2011年は終わったようなもんだな。今日も日付変わる前に寝なきゃだし、言ってしまえばもう新年明けたようなもんだ…。」
みたいなことをふと考えて、
その瞬間
「あ。」
となった。


うみのてによって私の2012年は少しだけ早く幕を開けたようです。

明けましておめでとうございます。