えこねこ-初めての猫カフェ編-

先日、猫カフェデビューを果たしてきました。
場所は江古田の駅から徒歩2分ほどの場所。名前は「えこねこ」
雑居ビルの二階にあり、猫の脱走防止の二重扉をくぐったそこはまさに楽園…。
見渡す限りぬこ、ぬこ、ぬこ、あちらこちらに点在する猫。

手を消毒してもらい、初来店ということで受付で簡単な諸注意を受けた後中へ。
飲み物はフリードリンクで、店内にある無料で作動する自販機から好きな物を飲んで良いというシステム。
でも結局一回も使わなかったな。

寝てる子が多かったなあ。猫ってほんとに丸くなって寝るんだーと。丸いかごがあちらこちらに置いてあって、まるで猫鍋のようになって寝ている猫さんたちが一杯。
狸寝入りなのか本気寝なのか見ていてよくわからない…。

そしてさすが猫さんたちは全く媚がない。
新しいお客さんが来ようが出て行こうが全く我関せず。人間を嫌がるでもすりつくわけでもなく、気が向けば人間と遊び、気が向かなければすぐについっと顔を背けてどこかへ行ってしまう。

隅に居たアメショの血が入ってるっぽい子は超イケメン。きりっとした顔立ちで
「俺、この角度が一番格好いいから!」
と言わんばかりの絶妙な角度でこちらに向かって決め顔。
にも関わらずうちの母がカメラを向けると途端にぐしゅっと眼をつぶりブス顔に…。持ってるなあ。

寝てる子たちが多い中、白に明るい茶のぶち猫さんや魔女の宅急便のジジ似の黒猫さんは結構活発にお遊びになられていて、転がるとからからと音が鳴る小さなボールを投げると、ヒョウやライオンを思わせる俊敏な動きで的確に獲物(ボール)を仕留めるのを見て思わず感嘆。
ちゃんと狩猟本能を持っているんだねえ。
私の母のメール着信音は小鳥のさえずりなのですが、それが鳴った途端、活発な子達は一斉に視線を母の携帯に向けていました。

でも、猫さんたちはとても気まぐれで、同じようにボールを転がしてみた時でも、反応する時は驚くほどの俊敏さで捉えるのに、次の瞬間には全く興味を示さないなんてざら。


スリッパに小さいお魚を入れるとものすごく荒れ狂いながらお魚を取り出すのを楽しむ猫さん。でも魚のおもちゃをスリッパから取り出した瞬間、お魚に興味を失いぽとりと魚を落とす。
で、もう一度お魚をスリッパに隠してあげるとまた水を得た魚のように猛然とスリッパと格闘しお魚を手に入れ…そしてくわえた魚をぽとりと投げ捨てる。
これを何度か繰り返して楽しんでいました。
あんなに一生懸命魚を取ろうとしてたのに、取った途端急に醒めて
「なぜ私はこんなものを取るのに一生懸命だったのだろう…」と言わんばかりにお魚を投げ捨てて、そしてまた最初から同じことを繰り返してるとこがすごい面白かったです。

あと、人間の体長ぐらい跳びあがって猫パンチで横びらきのトイレのドアを開けてるのがすごかった。身体能力高いなあ。
やる気なさげに見せといて行動を起こす時のあの瞬発力っていうかその切り替えがはっきりしていて、あれが獲物を捕えるコツなのかなと思いました。。

猫パンチといえば、肉級の綺麗さにほれぼれ。綺麗な桜色でした。
眼も綺麗なんだねー。ガラス玉みたいな眼。
それから毛並みもすごく綺麗で、みんな大切にしてもらってるんだなあっていうのが伝わって来ました。あとは本人達の入念な毛づくろいの賜物かなー。


撫でた時の反応もひとりひとり違っていて、撫でさせてくれる子もいればしゅるっとどっかいっちゃう子もいるし、基本的にあんまりみんな人間に興味を示してない塩対応。

寝てた子が起きて、猫独特のあの伸びをした後、念入りに毛づくろいをしているのを見学。
前足をしっかり舐め、顔が届く範囲の後ろの方もしっかり毛づくろいした後、顔をしっかり洗う。
そしてようやく活動開始なのかな?…と思いきやまた寝る!

あの自由さと媚なさと裏表のなさに心底癒されました…。


とはいえ、みんな仲が悪いかというと決してそういうわけでもなく。
自分と相手のパーソナルエリアは守りつつ、隣あって丸くなって寝ていたり、おもむろに一匹の猫さんが近寄ってきたら挨拶代りなのか簡単に毛づくろいをしてあげて、でも離れて行ったら引き留めも追いかけもせずにまた丸くなって寝る。
時々おもちゃを争って小競り合いは起こりますが、別に喧嘩することもなく。
良い猫関係を築けているなあ…と思いました。ちょっと見習いたいレベル。

店員さん達も感じの良い感じの人達で、
「○○ちゃん、上に登ってばっかりで全然降りて来ないから爪が切れないのよねー。」とか
「○○ちゃん、そろそろ眼薬する時間だからー。」
まるで幼稚園の保母さんのように猫さん達をお世話してあげていました。
他のお客さんたちもすごく優しそうな方たちばっかりだったし、猫さん達も温厚な良い子達ばっかりだし、まさに地上の楽園。
なんかみんな愛されてるなあっていうのも端々に伝わってきたし。


退店時間10分になると、今まで誰ひとり私に興味を示していなかった猫さんのうち一人が突然私の膝にゆっくり乗って来た。そしてもぞもぞ居心地の良い体勢をつくった後、小首を傾げてちらりとこちらに視線を向ける。
もうこれはもうずっきゅんフォーリンラブですよ!!!!!もうメロメロ!!やだもう可愛い!
今までツンツンだったのに突然のデレ!!!もうなんなのこの小悪魔!!!ツンデレ!!!まじ可愛い!!!キュン死必至とはまさにこのこと!!
キャバ嬢もびっくりの延長獲得スキルでした…。
帰りたくなくなったもん。もしくは連れて帰りたくなるほど。
帰ってから「えこねこ」HPを見たところ、この子は「社長」と呼ばれていて、よく帰ろうとするお客さんのお膝に乗るんだそうです。
ちゃんと気配を察するんだなあ。


というわけで、名残惜しみつつ萌え萌えしながら幸せな気持ちで退店。コンカフェキャスト力高い子たちでした…。みんな可愛いし女性も男性も平等に楽しめるし!


それから、ここのお店は里親探しの場も兼ねているようで、気に行った子が居たら一定の手順を踏んでお家にお迎えすることが出来るようです。
私ももし今後猫を飼うことがあったらペットショップで買うのではなく里親になりたいなーと思いました。



猫さんたちや店員さんのおかげで幸せな時間を過ごせました。また行きたいです。


えこねこHP
http://nerimaeconeco.blog86.fc2.com/