個人的メモ

聞いてて面白かったとこだけ。本題から微妙に逸れた話の方が面白い時も多々あったり。

(ミュージカル関係)
・昔は宝塚劇場二階は、昔宝塚作品は200円、ブロードウェイだと300円で見れた。
これは物価が今と全然違ったってことなんだろうけど、今の感覚で言うと破格のお値段だから驚いた。ミュージカルは高いというイメージがあるから余計に。昔はこの値段でも高く感じたのだそうな。
ミュージカルとか、テレビに出てるような有名人が出てるお芝居って5000円〜一万円デフォルトだから、一般の人のお芝居に対する敷居が上がってるとこもあるのだと思う。

・帝国劇場の二階の中通路より後ろ4000円。
私はこれ聞いてもげー、高いなあと思ったんだけど、先生から言わせると全然安いみたいな口ぶりだった。ちなみに前方は一万円台だそうからそりゃそうだよなあ…。
で、後ろの方の安い席は完売するのに、前方の高い席は埋まらない、みたいなことが最近は多いらしい。つまり、演劇の需要そのものはあるけど、出せるお金が下がっていて、演劇もデフレ化している。と聞いてなるほどなあと思った。


(劇場関係)
・照明や装置、他スタッフ勢は演出が提案したことのもう一つ上乗せした案が出せると良い。
これは演劇に限らない、世の中のお仕事全般に言えることかもしれないと思った。

・アートデザイナーと画家の違いは、外から与えられた条件でやれるか否か。
芸術家と職人の違い、って意味合いなのですかね。お客さん(お金)の存在を前提としてか否かって解釈しました。どちらもどちらにしか作れない美しさはあると思う。

・劇場経営が難しい理由
1稼動率の問題(仕込みにかかる時間等)
2人口の減少と高齢化
3劇場自体のブランド化が難しい
4高い値段のチケットが売れない

1の稼動率の問題に関しては、ライブハウスのイベントスケジュールを見ると如実に劇場との違いを感じます。
ライブハウスはほとんど毎日全く違うイベントが入ってるけど、劇場でこれはできないものね。
やっぱライブハウスの強みは仕込みとばらしが必要ないとこだなっていうのはすごく強く思う。
でも稼動率はどうなんでしょうね。結局仕込みの日の分も劇団からお金取ってるわけだから、劇場からするとそこに客が入ってようがいまいが場所貸しちゃえば勝ち感があるのが否めない気がするんだけども、どうなんでしょう。

2の人口の減少と高齢化は、まあもうこれは全ての産業が逃れられない事態ですよね。劇場関係の偉い人たちは、「お年寄り向けのプランを考えろ」っていう人もいるそうなのですが、でも先生は絶対に子どもは将来の顧客だから、先行投資としての子どもに対するアプローチも絶対にしていくべき…みたいなこと言ってた。でも今なかなかそれが難しいらしい。

3の劇場のブランド化については、作るのに10年、失うのに半年もかからないって。この劇場でやるお芝居は面白いから毎回この劇場でやってるお芝居は見に行くという気持ちの度合いは、お客さんの劇場への「忠誠度」という言葉で表現されるらしい。
この劇団はいつも面白いもの造るから毎回行こう、とか、この人達のライブはいつもいいから行こう、っていうのも忠誠という言葉で表せるな確かに。と思った。
特に演劇なんて毎度毎度見るまで面白いかどうかわからないから、余計に忠誠度が重要な産業な気がする。

4のような現状があるから、チケット価格設定っていうのはギリギリまで決めないで置くそうです。相場は三カ月ごとに変わるから、景気や相場に対して、この劇団のチケットはこのくらいの値段だったら売れる、という判断をして価格設定するそうな。



・舞踊と演劇の最大の違いは、演劇はテキストから逃れられないということ。

・演出は著作物にならないけど、ダンスの振り付けは著作物になる。
ダンスの振り付けが著作物になるってことを初めて知った。

・演劇が衰退産業であることは否定しようがない。

・劇場での60代以上のクレーマーがひどく、劇場関係者内でクレーム研修が一番人気という現実。

・上演芸術と視覚芸術 上演芸術は、音楽70%演劇20%舞踊10%
これは地方に行けば行くほど如実によくわかる現実。だって実際問題、小さなライブハウスはあっても小劇場なんて本当にないですからね。
「演劇をお金払って見に行く」って習慣がほぼない。せいぜい学校が授業の一環で見るぐらい。
演劇、特に小劇場ってほんとにかなり局地的な文化だなと思う。

だから演技業界ってかなり狭くて、働いているとみんな知り合いになってしまうらしい。
それも善し悪しだけど、いいところがあるとすれば、変なことすれば速攻干されるから、同業者への信頼性が高いとこだと。


(雑誌関係)
・昔、飛行機墜落事件で、雑誌にグラビアで人の肉片などがグラビアで載せられたのが問題になって、人の遺体等をそれ以降一切見せなくなった。だからイラク戦争も震災も本当の恐ろしさが伝わらない。ベトナム戦争の時は戦場カメラマンが現場の惨状をどんどん撮って来て公開していたから、戦争というのはこんなに恐ろしいものなのかというのが伝わってきた。

・存命の作家を卒論に選んではいけないと決めている大学もある。何故かというと、死なないと人間は完結しないから。作家の客観的な資料は没後それなりに時間が経たないと出て来ない。

・「僕の説によると、のび太は死んでいる。のびたは死んだ瞬間に再生した」
その理由も言ってたけど、ちょっと意味がよくわかんなかったっすね…。答えはドラえもん1巻1ページ1コマ目にあるらしい。
あと、みんな漫画の読み方を知らない。僕は一コマ一コマ画家の絵を読むように読むのだ。とおっしゃっていた。うん…。


(小説関係)
・猥雑なものを美に昇華させられる作家は素晴らしい。