雑誌

(AERA4/30)
中学受験をしないという選択、というタイトルだったかな。が印象的だった。ストレスためて睫毛が全部抜け落ちちゃったり、塾とか頑張っているのに成績が伸び悩んで「自分は駄目な子。偏差値も低いし…」と言いだす11歳の男の子がいたりするのだそう。早熟な子は中学受験も良い選択かもしれないけど、必ずしも全ての子どもにとって良い選択ではない。って。
11歳、12歳の子が自己肯定感持てなくなるのは辛いよね。そこで失われてしまった自分への信頼って、取り返すにすごく時間がかかる。かなり引きずる。
親がどんなに守ろうとしても子どもは傷ついてしまうものだけど、でもできるかぎり傷つけないようにしたいと思うのは親心だよねー…。
うーん、周りに中学受験を経験した子が周りに多い期間があったんだけど、かなりその歪みは感じてしまった…。全員が全員そうじゃないとは思うけど、やっぱねえ、親のエゴを押しつけられて押し付けられてそれが全てだっていう家庭の子は、なんだろう、抑圧されたものを感じてしまうことは多かった。

(NHKきょうの料理)
一冊まるまるカレー関連のレシピばっか!レシピ雑誌って「一カ月のご飯はこれ見て作ったらOK」みたいな、ジャンルに富んだものが多いけど、これは一ジャンルに特化した雑誌で面白かった。

(Number5/10)(週間サッカーマガジン)
ガチスポーツヲタ向けって感じだった。

(週間ベースボール4/30)
「適応力」とか、スポーツしてる人以外も通じるようなアプローチの仕方をしていて、スポーツファンじゃない人にも取っつきやすい作りだった。

(日経WOMAN)
貯金の仕方コツとか、おすすめ文房具とか、できるOLを目指そう!みたいな感じだった。

(DREAM 472号)
インテリア雑誌。和室のお写真が多かった。インテリア雑誌見ると、日々丁寧に過ごしたいなあって思う。思うだけで終わってるけど…。

(旅の手帖5月号)
なんか個人的な旅欲は、「近所の知らない道を歩く」っていうので満たされているので、あんまり旅行って食指が動かない…。けどこういう雑誌で写真見るのは好き。

(MY GARDEN春号)
ガーデニング誌。薔薇の育て方が一杯載っていた。薔薇綺麗。薔薇園行きたい。

(山と渓谷)
死ぬほど色んな種類の防水マッチやリュックを取りあげていて、いやー、世の中にはつくづく色んな世界があるのだと思った。趣味の世界って小宇宙だ。