MIKIO SAKABEのファッションショーに行ってきた日の話

今日みたいなお天気が一年で一番好きかも。
寒くなくて、曇ってるんだけど穏やかな天気。風がなければもっと良いけど。
毎日こんなお天気だったらそれだけで幸せに生きていけそう。

今日はMIKIO SAKABEのファッションショーに行ってきた。
ファッションショーって初めて行った!
ミュージシャンの造り出すライブ空間と演劇の劇空間て近いとこにありつつも明確にラインが引かれている物だと思うのだけれど、それでいうとファッションショーは劇空間だった。
ファッションショーのモデルっていうのは、つまる所ファッションショーに出演するモデルを演じるのに特化した俳優なのだなと思った。
たたずまいと歩き姿だけでそのブランドの世界観を体現する役柄。


今季もセーラー服を模したお洋服を男性が着てた。異性装としてではなく、男の子が男の子として普通にセーラー服を身にまとっている様がすごく格好良かった。前シーズンのを写真で見た時はちょっとびっくりしたけど、生で見ると不思議と違和感なかった。
男の子が普通にスカートを履く時代が早く来たら良いのに…。
ファッション界の尖鋭的な人たちの間ではそうなりつつあるけど、まだまだ普通の男の子達が普通に着るものではないもんね…。
でもこうやって見てるとほんとに格好いいから、私がおばあさんになって死ぬまでには意外とほんとにそういう時代が来るんじゃないかって気がした。


舞台面低くて後ろからだと下半身全然見えないのが残念だったなー。
あとホールのタッパの割に照明がすごい低い位置で吊られてるのはあれは写真映えするようにってことなの?
それとも元々の舞台機構としてバトンがないとこに吊ろうとするとああせざるを得ないってこと?それとももっと別の理由?


ショーは短かったけど(15分ないくらい??)面白かった。
今までファッションショーでのモデルの写真とか見ても、「どうしてこんなに奇抜な格好なの?これで街とか絶対歩けないじゃん…」
って思ってたけど、でもファッションショー映えする服やスタイリングっていうのがやっぱりあるからああいう衣服になるんだろうなーとなんか腑に落ちた。つまり舞台衣装だもんなあ。もちろんブランドにもよるんだろうけど。


またファッションショーは行ってみたい。
今回のとはまた全然趣向違うけど東京ガールズコレクションとかも行ってみたいな怖いけど。


あと帰りに本郷三丁目のFIRE HOUSEに寄って帰った。
ハンバーガー綺麗に食べられる人尊敬する。
隣の学生グループはたぶん東大生だったんだろうな…。


*1

*1:あと今日のイベントもすごい客の仕切りが悪かったから余計そう思ったんだけど、ファッション系のイベントやHPってすごい不親切なイメージある。これは偏見?もしこれが偏見でなかったとすると、店頭以外で一般の人を相手にするのに慣れてないってことなのか、それとも店頭以外の場所では報道系と関係者以外を客として見ていないってことなのか、はたまたそこ以外に原因があるのか。