浜崎あゆみ 15th Anniversary TOUR 〜A BEST LIVE〜

ayumi hamasaki 15th Anniversary TOUR 〜A BEST LIVE〜
2013年5月12日(日)@横浜アリーナ公演

行ってきました!!すごいよかったです〜。ツアーでこんな満足して帰れたのって、2010ツアー以来かもってくらいよかった…。
ツアー演出も、これまで浜崎さんたちがやってきた衣装や演出を踏襲した上で新しいものをやっていて、(ああ、ここはあのツアーから持ってきてるのね…)みたいなとこに気付いて楽しむ往年のヲタ心くすぐる演出。
でももちろんこれまでのツアー一度も見たことがない人も楽しめる演出。

あと浜崎さんのお相手役が某件でしゅーやに戻ってたのもよかったなーと思った。
それはスキャンダルうんぬんよりも(もちろんそれもあるけど)、単純にマロは自分も主役みたいに踊ってる感じがしていかがかなーってずっと思ってたので…。
しゅーやの方が一歩引いて、自我は極力消して踊ってる感じがして好き。わたしダンサーズも好きだけど、やっぱり浜崎さんを見にライブに足を運んでるので…。
近年どんどんどんダンサーズが前に出てくる、なんか浜崎さんと対等に扱おうとしてる?って演出になってきつつある感あったので、マロがいなくなったせいなのかなんなのか、今年のツアーはダンサーズのポジションが私的にちょうどいい位置まで下がってくれたのでとても見やすかった。


なんか色々試行錯誤してやっとダンサーズの丁度いい機能の仕方を見つけつつあるのではないか?ってかんじがした。
ティッシュもよかったし、アクロバットもよかったし、ただ軍服来たダンサー達の曲間芝居みたいなのはちょっとわかりにくかったかな…。あれはDVD向けかなー。
それからわたしは浜崎さんが歌ってる時に小芝居演技やってるのがあんまり好きじゃないので(昨年のベッド演技とかもうほんとその最たる…)、それがあんまりなかった、もしくは丁度いい塩梅でできてたのはよかったなと思いました。
DJタイムは浜崎さんの曲使わないのなんで?って思ったけど、あそこももっと上手くやれれば楽しい繋ぎの場になれるのかもなーと思った。ただDJはあれダンサー(やってるのにーやんだったっけ?)がほんとにやってるのか?wマニピュレーターの人が裏でやってるのでは?

あとティミーが華がありすぎるのはちょっと気になるけど…。割と浜崎さんが西洋指向なのはわかるんだけど、そこでほんとにツアーメンバーに西洋の人入れちゃうとバランスが…と思ったけど、OP以外であんまりフューチャーされてないから許容範囲かな…。(でもだからOPしょっぱなからちょっと不安になってしまったのもあるけど…)
去年はほんとティミーとマロをフューチャーしすぎ感があったから。

MCなしなのも今年はそれでいいなと思った。歌だけで十分色んな事が伝わってきたし、締まってた。

先週の横アリのセクゾン公演も見に行ったのですが、当たり前だけど見事なまでに客層が違うのも笑ったw
菊名での乗り換えからしてもうぜんっぜん違う。
先週が全員私服(リズリサふりふりキュート系)、10代、紙のお手製うちわ
な現場だったとするならば今日は
ツアーT、公式グッズ身につけ率高し、20代中盤、公式光るうちわ
なんかロデオクラウンのショッパー持ってる人を何度も見かけた。そんな感じでした。


機材トラブルで開場が遅れたらしく、開演30分前についてもまだ会場付近が人でごったがえしてました。
30分押しで開演。

1.A Song for XX
2.Memorial addless
OPが正直ちょっと客席の空気との乖離があって、またこりゃ昨年ツアーの二の舞やらかすのでは?とはらはらしながら開幕。
A songも浜崎さんが入れたくて入れてるわけじゃないファン投票上位だからいれましたって感じがありありと出てて、ガワはしっかり整えられてるしパフォーマンスもしっかりしてるけどあんまりエモくなくて、ていうか浜崎さん自身あんまり今A song的な心境ではないのだろうな…っていうのがうかがえた。
2曲目も、このライブが良いのか悪いのか判断がつかなくて微妙にはらはらしながら見てた…。でもメモアド久しぶりに聴けたのはうれしかった。

3.poker face
4.Fly high
5.HONEY
ここから俄然テンションが上がると同時にこのライブが楽しいものになることを確信するターン!
過去のPVを元に作った振りかえり映像(でも浜崎さんが書いたらしい詩みたいなのは別にいらなかったと思う)の後浜崎さんが登場!ピンクのちょっとレトロ風なワンピースを着ててそれはそれは可愛らしい…。
花道を歩いてセンターの円形ステージまで来ると、スタンドマイクでコーラス二人をお供に80年代アイドル風の振りつけを踊る。それがもうめっちゃ可愛かったですね…。
とテンションが上がったとこでFly highでさらにテンションが上がる!!HONEYだかFly highだかで上着を脱いでピンクのタータンチェックのスカートにブレザー制服風のジャケをはおる浜崎さん。
もうそれが超キュートで…。HONEYでぶりぶりしてる浜崎さん最高可愛いっす…。

6.M
7.No way to say
Mは真っ白なドレス。これはもう鉄板。No way to sayはほんといつ聴いてもいい!!歌いい!!シューヤソロ見てるとヒデソロ思い出して懐かしくなった…。

8.You & Me
9.BLUE BIRD
夏ソング。You & Me音源で聴いたらそんな好きじゃなかったけど、ライブでやるとめっちゃ楽しいな…。夏ソングはライブ楽しい…。

10.JEWEL
来ました私的Aベスト15選のうちの一つJEWEL!!これ、中央円ステの上の空中に透明の水槽吊ってて、水が四分の一ぐらい入ったところで浜崎さんが歌ってる…っていうのが突然現れてとてもびっくりした…。おもわずイントロで「えっ!?」って言うぐらい驚いた。この演出はじめて見た。
空中の水槽の中でJEWELを歌う浜崎さんがそれはそれは綺麗で、もうこれが地上に舞い降りた天女か?ってかんじでした。
カメラが、下から撮ってるから透明のプラスチックと水越しに浜崎さんを撮っているのだけれど、それがまた幻想的で綺麗だった。

11.HEAVEN
水槽の底面にダンサーを吊って、ダンサーは空中パフォーマンスをしながら、浜崎さんは引き続き水槽の中で歌いながらっていう演出。ダンサーが透明の板越しに浜崎さんに手を伸ばすのだけれど、透明の板に隔てられて触れることができない…。っていうのが歌詞とリンクしててとてもぐっと来た。

12.SAKURA
JEWEL、HEVENからのSAKURAって流れがすごくよかった。
メインステージから空中に浜崎さんが吊られてて、裾がかなり長くてひらひらした桜色のスカートが風になびいてるのが綺麗だった。
そしてそこから花道の真ん中まで吊られたままウィーンと移動してたのがちょっとシュールww
でも歌も曲もとてもよかった。

13.Wake Me Up
ミスアンかマイストツアーでやってた、縄抜けトリックを使った演出。あれDVDで思いっきり種も仕掛けもばらしてるのにいいんかなwwと思いながら見てた…けど、仕掛け知っててもやっぱぱっと縛られてる人が入れ替わるとお〜〜ってなるね。

14.Tell All
CD未収録の新曲。すごい力強くて感情こもってて、歌が伝わって来て、ああこういう歌には過剰な演出はいらないな、歌だけで十分魅せられるなって思ったので、あんまり変な小芝居演出みたいなのがついてなくてよかった。
A songがあんまり今の浜崎さん自身にリンクしてない詞と曲なんだな、っていう風に一曲目で聴いて思ってて、あれだけみんな知ってて、私も何度も聴いてて好きな曲だけど、でも今日のパフォーマンスだとこのTell Allの方がいいと思った。
だから、今浜崎さんが最も感情こめて歌うことができる曲を作り続けてそれをライブで歌うことはとても彼女にとって必要なことなんだなって思った。
あんまり器用な歌手じゃないんだと思う。浜崎さんが作詞だけはずっと自分でし続けてる意味をここであらためて感じた。

15.SURREAL
Tell Allが終わったあとに、前のスクリーンで浜崎さんのこれまでのツアー映像がばーっと流れてきて、もうそれだけでうるうるしてた。
彼女の15年がここに詰まってた。
そこにはわたしの15年も付随していて、あの場所にいた人たちみんなの15年もそこにあった。
みんなどんな気持ちであの映像を見ていたんだろうなって思った。
でちょっともう感極まってる所にSURREALが流れてきて、涙腺が決壊しかけた。

16.〜evolution〜SURREAL
…ところで来ましたこの大不評謎メドレーwwなんでこの2曲メドレーにするのかほんといつも全然わかんない!!
まあいいや楽しかったし。

17.Voyage
AベストライブのラストにVoyage持ってくるのは全然予想してなかったけど、あ〜いいな〜って思った。
Voyageになんかもっとあの頃と違う意味がこもってるのを感じて、ああ曲が育ったり変わったりしていくっていうのはこういうことなんだな〜って思った。
ラストにVoyage持ってきたこともそうだけど、ライブの内容も良い意味であんまりアニバーサリー感とか浮かれた感じなくて通常運行感あって、15年だけどこれからも変わらず走り続けるよって彼女や彼女たちの思いが詰まってた。


ここからアンコール。
18.Sunrise 〜LOVE is ALL〜
19.Boys & Girls
あーほんと楽しかったここ…。Sunriseもそんな良いって思ってなかったけどライブでこうやって盛り上げ曲として使われるとほんと楽しいねさっきもおんなじようなこと言ったけど…。

20.Who...
ラストWho...はほんとアニバーサリーにふさわしいなって思った。
あとここ前半でダンサーズを一度下げたことに私は心の中で拍手を送っていた…。えらい。わかってる。

いつもならここで終演なのですが、客電が点かない。
浜崎さんはずっとアンコールでアンコールSE使ってて、いつも完全にアンコールもセットリストの一部としてやってて、もちろん私が知りうる限りダブルアンコールってこれまで一度もなくて、客の声でアンコール発動させて浜崎さんを呼ばせようとしてることに感動して一生懸命あゆコールしてしまった。

ダブルアンコール
21.MY ALL
MY ALLもとてもよかった。Voyage,Who...,MY ALL。ラスト曲に選んだ選曲がどれもよくて、浜崎さんの気持ちが詰まってて、すごくいいなあと思った。

そして終演
ゆっしと退場しながら、会場を出る道すがらなんかもうほんとうに
「…。」
「…。」
「よかったね。」
「うん、よかった。」
ってぽつりと言いあうぐらいしか言葉にならなかった。


浜崎さんが生き生きとした笑顔で今日も歌っていてくれたことがとてもうれしかった。
15年ファンが知ってること知らないこときっと色々なことがあって、それでもステージに立つことを選び続けてくれたことを本当にありがとうと思った。


ツアーグッズとかTシャツとかたぶん浜崎さんのしか持ってなくて、年間そんなに他の人のライブに行くこともなく、一年間浜崎さんのツアーを楽しみに日常を生きていてっていう人が今日この場にもたくさんいるんだろうなって思って、ひとりひとり、この15年どんな時どんな思いで浜崎さんの曲を聴いてたのかな?助けられた日もあったんだろうな、思い出のつまった曲もきっとそれぞれにあるんだろうな、今浜崎さんが目の前で歌ってる姿を見てどんなことを思ってる?とかそういうこと考えるだけで胸が一杯になった。
今日の浜崎さんのステージは、あそこにいた全ての人の人生を輝かせていたように思う。


セットリスト
1.A Song for XX
2.Memorial addless
3.poker face
4.Fly high
5.HONEY
6.M
7.No way to say
8.You & Me
9.BLUE BIRD
10.JEWEL
11.HEAVEN
12.SAKURA
13.Wake Me Up
14.Tell All
15.SURREAL
16.〜evolution〜SURREAL
17.Voyage
アンコール
18.Sunrise 〜LOVE is ALL〜
19.Boys & Girls
20.Who...
ダブルアンコール
21.MY ALL