腐らず真摯に生きよう

今日のでんぱ出演のイベント、楽しかったんだけど秋葉原だったり秋葉原のヲタクだったりを貶める主催側の演出があって、それを恐らく受けてのねむきゅんの言葉がこれで、ああそうだなあって思った。
立場的にそれ以上は言えないっていうのはもちろんあって、色んな物を押し殺して言った言葉がこれで、それでも悔しさだって怒りだって言えばキリがないことをこういう言葉で締められるのがねむきゅんの強さと優しさだなあと思った。

それとは別に、誰かのツイートで、ネットが出来たことで不戦敗する人が一杯出てきてしまったよねってことを今日読んで、それは自分にも思い当るなーと思って、でも未来がどうでも、どう考えても未来に暗いイメージしか持てなかったりしても、でも腐らず今を真摯に生きるのは放棄しちゃいけないな、放棄したくないなと思った。
それはどんなに才能がなくても平凡でも未来がどんなでも、腐らず今真摯に生きようとすることは出来るよね、とおもった。


それで、わたしは「私も腐らず真摯に生きたいわ」とねむきゅんにリプライを送って、そんなことはねむきゅんも私にそんなこと言われたってしらないだろうし、誰も知らないことなんだけど、でも私はその言葉をその一瞬で終わらせたくないな、でもわたし色んなことすぐ忘れちゃうから、その時そう思ったことも書きしるさなきゃきっとそう言ったこともすぐ忘れちゃうわと思って綴った次第です。

基本的には、死なないのであれば生きて行こうとするだけで良くて、生きてるなら腐ってても真摯じゃなくてもだらだらでも、生きてさえいればそれでいいと思うし(もちろん、その生き方で将来後悔するリスクを現時点で受け止められる覚悟があるのなら。まあどんな生き方にも当然後悔のリスクはあるけど)、明日はまたそういう考え方になってるかもしれないんだけど。


世の中にはたくさんこう、生きるスタンスだとかが溢れているのに、なんで人生は一回なんだろうとも思うけど、まあでも日数でいったら結構あるから、生きるスタンスも日替わりぐらいの感じでいいのかもしれませんね!(このぐらいに思っとかないと、腐って真摯じゃない状態になった時に自己嫌悪激しくしすぎて生産性がさらに落ちてしまうから…)


でも今日はそういうことがあって腐らず真摯に生きてみたいなあとすごく思ったので、そう思ってる間はそのように生きよう!そうしよう!
こう思ったことを忘れないように、下手な字で紙に「腐らず真摯に生きよう」って書いて冷蔵庫に貼りました!



なんか前半と後半で言ってることぶれぶれだけどまあいいや!

あっランダム再生で流れてきたのが今の気分にぴったりだったから貼っとこう
勇気100% - Sexy Zone(Album:one Sexy Zone) #nowplaying