不自然を怖れない

ナチュラルに生きるなんていうことはかなりの技量や才能や運とかがないとできないことなんだということがわかった。
一時期は不自然なことが嫌でたまらなかった。

でもナチュラルに生きる才能がない人がナチュラルに生きられる人と対等に渡り合うために必要なのは不自然、つまり努力しようと思ってする努力だっておもった。