なぜ書くのか。

今日、漫画家の方が何故私は漫画を描くのか、と自問自答されていた。
だから私もなんで私は物語を書くのか考えた。
やめるのかなー、もうこれ書き終わったら二度と書かないのかなーと毎回思いながらもう7年ぐらい書き続けているのか。

まず、できるだけたくさんの色んなことを見たり聞いたり触れたり知ったりしたいと思う。
世界のある一面を切り取って自分を透過させて再生成したいという欲求がある。

そこに、その時々今自分が考えていることや今自分が置かれている状況に一定の結論を出したいという欲求が結びついて一つの話が出来る感じがする。
そして出来たからには見てもらいたいから発表の場を探す。
他人に見てもらうからには、出来るだけ良いもの・面白いものを書きたい。

出来たものをなんで他人に見てもらいたいかというと、自分以外の人がその書いたものに触れてもらわないと、その作品がなかったことになる気がして嫌だから。私は自分が書いたことすぐ忘れてしまうから余計に。せっかく労力かけて書いたのに。
人に見られるのもほんとはどっちかというとかなり嫌な部類に入るんだけど、それより「その作品がなかったことになるのが嫌」の方が勝るから、人に見てもらう方を取る。
人に見られるのが嫌という気持ちを少しでも払しょくするために、出来るだけより良いもの面白いものが書きたい。


もちろん、書いた後よかったとか好きとかと言ってもらったり、書いたことをきちんと受け取ってもらえた時の喜びとか、作品を媒介としたコミュニケーションで得る喜びもとても大きいんだけど、どちらかというとそれは結果論だなあいつも。
例えば私が売れたりしたらそのへんの目的意識も変わってくるんだろうか。



以下宣伝

脚本として参加しています。よろしくお願いします。
ぼっち×劇団ヘコキリス『IDOL』

ぼっち主宰の有馬加奈子による作品「IDOL」と、劇団ヘコキリス主宰の村田千尋による作品「腹の底」の、二本立て公演。
両作品とも、「自分勝手な愛情」をテーマとする。コラボ公演!

【会場】演劇フリースペース・サブテレニアンhttp://subterranean.jp/index.html
東京都板橋区氷川町46-4 B1F
東武東上線大山駅北口から徒歩7分。(大山駅池袋駅より3つ目です。)
都営三田線板橋区役所前駅から徒歩3分。

【脚本 】有馬加奈子(ぼっち)、村田千尋(劇団ヘコキリス)

【演出 】村田千尋(劇団ヘコキリス)

【出演 】坂本知弘、藤尾厚弥、千田菜の子、矢谷加織(PAPALUWA)

【料金 】1,500円 (前売り・当日ともに1,500円)

【発売日】2013/08/26(月)

【タイムテーブル】
9/28(土)14:00
9/28(土)19:00
9/29(日)14:00
9/29(日)19:00
9/30(月)18:30

【スタッフ 】
舞台監督:濱口暁
照明:福士瑞穂
音響:櫻内憧海(お布団)
美術:安保和音
宣伝美術:はちみつ
演出助手:比留間晴子(劇団ヘコキリス)
制作:山下茜(FUJIFOUR)

ご予約はこちらからしていただけるとありがたいです(ありま扱い)
【PC】https://ticket.corich.jp/apply/48713/006/
【携帯】http://ticket.corich.jp/apply/48713/006/

劇団Twitter
https://mobile.twitter.com/heco_kiris
随時情報UP中