耐性

自作について人前で饒舌に語るようなことが出来ないのは、なんか人前を全裸で歩いて「私の身体の腰のここのラインが綺麗でしょう」とは言えないな私は。ということだとおもう。

ちなみにわたしにそういう耐性は皆無です。何にもばれたくないからほんとは何にも言いたくない。



こないだの話の続きだけど、だから私は、私と同じ目を持ってないだろうなっていう私から見て奇想天外なひとの方が安心して仲良くできる。自分と同じような物差しを持ってる人となんて怖くて付き合えない。だって自分は自分の目に全くかなっていないのに。
人見知りとかもそれで、相手のことよく知らない分、自分の目を同じように持ってるんじゃないか?って思って見てしまうからたぶんそうなる。
逆に自分の物差しと全然違う嫌われ方した時は全然気にならない。それはどうでもいい。