愛の軍団

今までどれだけ許されてきたんだろうと思う。私が見えてる範囲だけでも相当許されてきてるって知ってるのに、気付いてないのも含めたら、一体どのぐらいになるんだろう。
でも狭量な私は許せないことばかりで、だけど許せないことや傷ついたことの跡ばかりなぞってしまうのはやめたい。
嫌われてるのかもしれないと疑うのはあまりにもたやすいのに、愛してもらえてると信じることはどうしてこんなに難しいのか。
実際がどうだって、愛されていると信じ続ける図々しさを持ちたいし、相手からどう思われてるかとか迷惑かとか関係なく愛し続ける図太さを持ちたい。
そういう図々しさや図太さこそが、愛の正体なのではないかという風に最近ちょっとおもう。