今日の女の子Z ♯1最上もが


今日の女の子というタイトルで去年しばらく毎日一人の女の子をツイッターで紹介していました。
毎日とはいきませんが、今度はブログでやろうと思います。
まず最初は誰にしようかと考えた時、最初はもがちゃん以外あり得ないな!と思ったのでもがちゃんです。でも本当は一番語りたくないし語れる自信もないのですが、最初にもがちゃんを差し置いて誰について喋るのかという話なのでもがちゃんです。
なので最初の今回は紹介でも何でもなくただのヲタの妄言なのですがこういう訳ですので何卒お付き合いください。


・出会いについて
最初は2012年の5月、ツイッターで流れてきたでんぱれーどJAPANのMV(http://www.youtube.com/watch?v=OyVLz2_rKU4)を見たのがきっかけでした。そのずば抜け具合に一度生で見てみたいと思ったのです。
そして、会いに行こうと思い立った時一番近々のイベントが、彼女達の所属店舗ディアステージの3階で行われたイベント、でんぱ組.incバーでした。
こんなにずば抜けた女の子が、本当に飲食店で普通にお給仕してるなんてことあるんだろうかと半信半疑で行ってみると、当時のディアステの青い制服を着て一番お客さんとの会話も少なに黙々とドリンクを作っていたのがもがちゃんでした。
その時は結局一度ももがちゃんに話しかけることもできずに終わりましたが、初めてで所在なさげにしている私にえいちゃんやみりんちゃんが優しく話しかけてくれたことを覚えています。

そして数日後、もがちゃんが出勤の日にお手紙を携え再びディアステに訪れました。その日は通常営業日の二階でした。今日こそは話しかけようと思いながらも、最初にオーダーを取ってくれたピンキーにさえ上手く話すことが出来ず、ドリンクが来てからは、緊張と動悸で固まり変な汗をかきながら時間だけが過ぎていきました。そんな中はじまったのが、じゃんけんで勝ち残った人がその日二階の出勤メンバーの全員チェキを入手できるというイベントでした。
全員じゃんけんの最初のお相手はもがちゃん。負けた人は座って行くというシステムで、私は運良く最後の二人に残りました。
が、同じく勝ち残った、隣の初来店らしいサラリーマンの男性との最後のじゃんけんであっさりと負け、勝者の男性がうれしそうに言った「すいませんね。」に追い打ちをかけられ意気消沈しながら会釈を返し、席につきました。
でも意気消沈によって肩の力が抜けたのか、もがちゃんが私のテーブルを横切るタイミングでようやくやっとの思いで声をかけることができました。顔も上げることができずたどたどしくひどくどもりながら、メニューを指さしてもがちゃんのチェキを買うことはできるのか、ということを聞くと、もがちゃんは申し訳なさそうに、でんぱ組のチェキは最近からディアステでは買えなくなってしまったのだということを説明してくれました。
これがもがちゃんとの最初の会話でした。そして、もうどうやって渡せたのかさえ覚えていませんが、ただ緊張で動悸が止まらない中なんとかその流れでお手紙を渡せたことも覚えています。
この日、全員チェキはもらえませんでしたが、もがちゃんが私の名前を書いて作ってくれたディアステのポイントカードをもらうことができました。今でも宝物です。


・好きな所
言うまでもなく全部なんですが、でも1つ上げるとするならその危うさと、危ういけどでも必ずもがちゃんがもがちゃんにとっての最善を必ず見つけて選びとってそのために最善を尽くしてくれることをいつも心から信頼しています。
それから相手と必ず同じ目線に立って話をしようとする所。自分や誰かが上とか下とかしないし、他人をワンオブ○○のくくりの誰か、みたいな接し方をしません。だからもがちゃんの前に立つ時はいつも、たった一人の私としてそこに立つことができます。
今は環境が変わったから、きっとそういう所ではがゆい思いをすることが増えたんだろうな、と思うと胸が痛むこともあるのですが、だけどすごく好きな所の一つです。




もがちゃんについてはまだまだいくらでも書きたいことはあるのですが、今日の所はこのへんにしときたいと思います。
でももがちゃんについてはどの角度からどういう目線で何を語ったらいいのかわかりません!!!!

次回以降はもう少し客観性のあることを書ければいいなと思います。


ツイッターやってます
https://twitter.com/arima08(@arima08)