レールなんてなかったじゃないすか〜嘘ばっかり!

高校に行き、そして大学短大専門学校等に行きまあ最終的には就活を経て就職をすること、それは決まりきったレールみたいに思ってたけど、でも就活してる時は、もう本当に、「バカ言うな!!!!!!!これがレールならこんなに職が決まらなくて苦しむ訳があるかふざけんな!!!!!!!!!!!!!!!」と毎日繰り返していたし、4月からの予定は全く持って白紙で私は4月以降どこで何をしているのか、ちゃんと生活していけるのかも全くわからない、この状態のことを人はずっとレールだと呼んでたの!?それってレールなの!?って感じだった。
そりゃ無事に職が決まったから結果的にレールの上と言えるのかもしれないけど、でも今何も決まってない状態で社会に放りだされてた可能性だって相当高かったわけで〜〜


できるものならもっと楽して仕事決めたかったのは当然で、苦労は買ってでもしろって言うのもバカ言うなって感じだけど、でもまともに(かどうかは知らないけど)就活して良かったことは、就活がぜんっぜんレールじゃなかったって身を持って知ったおかげで、私はこの先何があろうとも一生「あの時レールに乗ってればもっと楽な思いが出来たのかもしれない」という幻想に苦しまされずに済むということ。だってそもそも私が乗れるレールなんてどこにもなかったじゃん!!!嘘ばっかり!!


突然いわゆる「普通の」仕事をしてる「普通の」人達の世界に放りだされたわけだけど、でも別にみんな日々機械のように黙々と無表情で仕事をこなしてる訳でもなく、それぞれに茶目っ気を持って仕事をしていたり各々の思想信条生活の元に生きていたりする訳で有り体にいえば一人一人に個性だってすごいあるし、本当に高校の頃の私が思っていたようなものとは何もかも違っていた。
レールとか普通の人とか普通の仕事がこの世にあるってなんで信じてしまっていたんだろう。
高校生の私が絶望的に思っていた世界とは何もかも違っていた。


ということをたぶん多くの人は本当はどこかで分かってるのに、レールとか普通の人生がこの世にあると夢見ることで救われている人がいるからその幻想は消えないんだろうなー。その上に自分がいるいないに関わらず。
「ああしてればこうだったかもしれない」と後悔することで救われる気持ちって私には全っ然わかんないけど。




っていうような話があったりなかったりするかもしれないので文フリ来て「はたらく。」読んでね(=^▽^=)
http://arimakanako.wix.com/gohangirl#!newbook/cmj

新刊販売情報
タイトル
 はたらく。
予定ページ数/価格
 36p/400円(※ページ数・価格共に変更の可能性がございます。)
参加者/Twitter(順不同)
 アリマカナコ(https://twitter.com/arima08)
 @ちえちゃん(https://twitter.com/chiechan_NIKKI)
 井上もも(https://twitter.com/inoue_Q)
 鈴木美波(https://twitter.com/MINAMIpplw)
内容
 日芸演劇学科から全く違う環境へ進む4人の作家がそれぞれ「はたらく」をテーマに綴った戯曲・漫画・エッセイ・小説の珠玉の短編4作が掲載予定です!
販売ブース位置
 未定
宣伝美術
[カスタムリクルートスーツ製作]
 黒河里帆(はちみつ)(https://twitter.com/888honey888)
[フライヤーデザイン]
 @ちえちゃん(https://twitter.com/chiechan_NIKKI)
[宣伝美術ディレクション]
 アリマカナコ(https://twitter.com/arima08)



文学フリマ情報(http://bunfree.net/)
「第十八回文学フリマ
開催日・2014年5月5日(月祝)
開催時間・11:00〜17:00
会場・東京流通センター 第二展示場
アクセス・東京モノレール流通センター駅」徒歩1分
※詳細は会場アクセスをご覧下さい
一般来場・入場無料です!
主催・文学フリマ事務局