文フリ新刊参加者紹介その3 鈴木美波(@MINAMIpplw)

今日はみなみと放送しました!!当日まで時間が合う日が全くなかったので、今回はみなみはスカイプ出演でお送りいたしました。
http://twitcasting.tv/arima08/movie/58023065


みなみとは、演劇学科劇作コースの同期で4年間過ごしてきました!学校の実習で、みなみと私を含んだ4人で作った戯曲を学校の小ホールで公演したことも!そしてそんなみなみとのファーストコンタクトがあれでした(上記アーカイブ参照)
そんなみなみはPAPALUWAという劇団の主宰としてずっと作・演出をやってきていて、つい先週もJOYJOYSTATIONという小劇場での公演をされてたところでした。
(http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=53723)
私も見に行ってきました!なのでその公演のお話なんかもこの放送内でしてます!
この公演に限らずですが、独りよがりじゃなくきちんと裏打ちされた笑いで、でも笑いだけに終始しない中身の詰まり方、みたいなバランスのとれかたがいいなあっていつもおもいます。ガワだけでもなく、かと言って中身の垂れ流しだけでもなく、という風にちゃんと作れる人ってあんまり多くないと思う。
付き合いでとかじゃあんまりなく見に行ってて、みなみや関係者が友達じゃなかったとしても見に行ってると思います。

演出も、きちんと身体性を生かしてる演劇っていうのが私は好きで、そういう意味でも、単純に面白かったからって意味でも、今回のドライブ公演の、二人が車に乗って、もう一人が車のレバーの役をやるってシーンがすごく面白くて(この説明じゃ何も伝わらないとおもいますが!)、見てる時もどうやって思いついたのかな〜とずっと気になってたので、聞けてよかったです!

最後の本とか読みます?っていう私の質問はすごく言葉足らずだった気がするんですけど、なんか私はやっぱり文学が根っこにあるお芝居っていうのが一番好きで(文学とは何なのかと聞かれると明確に答えられないからニュアンスなんだけど)、みなみの作るお芝居は面白いけど決してコントではなくてっていうところとかに、そういう部分を勝手に私は感じていて、だからどういう作品世界がみなみの根っこにあるのかな〜と思って尋ねてみた質問でした。


新刊読んでみなみ作の戯曲「どんな夢」いいなと思ったらぜひPAPALUWA見に行ってほしいですね!やっぱみなみの戯曲は舞台で体感してほしい!




というわけで、3週間ほどに分けてお送りいたしました参加者と私のツイキャス放送並びに私による参加者紹介記事いかがでしたでしょうか!!
その1 @ちえちゃん紹介記事 http://d.hatena.ne.jp/world_conquest/20140415/1397563182
その2 井上ももさん紹介記事 http://d.hatena.ne.jp/world_conquest/20140419/1397899165

作品や作者の雰囲気がちょっとでも伝わればいいなとおもいます!
後日試し読みもネットでも見られるように、そして当日ブースでもお配りできるように準備しておりますので、そのへんもチェックしておいていただけたら!


ではそんなわけで5/5文学フリマのア-11でお待ちしております!!よろしくお願いいたします!







5/5文学フリマ[ア-11]にて新刊「はたらく。」を販売します!!
文フリ新刊販売情報
販売ブース位置
 アー11(Fホール2階、エスカレーター上がってホールに入った右手の壁際です。)
 配置図…http://bunfree.net/?18th_circlenumber
タイトル
 はたらく。
予定ページ数/価格
 36p/400円(※ページ数・価格共に変更の可能性がございます。)
概要
 日芸演劇学科から全く違う環境へ進む4人の作家がそれぞれ「はたらく」をテーマに綴った戯曲・漫画・エッセイ・小説の珠玉の短編4作が掲載予定です!
作品紹介(順不同)
 小説「瓶の底に棲む魚」/アリマカナコ(@arima08)
…七年間自分の部屋にひきこもっている青年のお話。

 漫画「ちえちゃんの失敗日記」/@ちえちゃん(@chiechan_NIKKI)
…飲食店で働くちえちゃんが、職場での自分の実際の失敗をモデルにした漫画。

 エッセイ「ちかごろのはなし」/井上もも(@inoue_Q)
…印刷会社に勤めるシャカイ人二年目の筆者が自らの仕事について綴ったエッセイ。

 戯曲「どんな夢」/鈴木美波(@MINAMIpplw)
…会社をクビになってしまい何もせずに暮らしているカンナと、彼女の夢を巡る物語。

宣伝美術
[カスタムリクルートスーツ製作]
黒河里帆(はちみつ)(@888honey888)
[フライヤーデザイン]
@ちえちゃん(@chiechan_NIKKI)
[表紙・裏表紙]
井上もも(@inoue_Q)
[宣伝美術統括]
アリマカナコ(@arima08)

文学フリマ情報(http://bunfree.net/)
「第十八回文学フリマ
開催日・2014年5月5日(月祝)
開催時間・11:00〜17:00
会場・東京流通センター 第二展示場
アクセス・東京モノレール流通センター駅」徒歩1分
※詳細は会場アクセスをご覧下さい
一般来場・入場無料です!
主催・文学フリマ事務局





推薦文をいただきましたので掲載させていただきます。

『はたらくというリアリティ』

微笑んだり笑ったり、 少し泣いたりしながら一気に読んだ。

迷いや不安は誰にもあるけど、 答えなんて無い世界でもがきながらも強く進む中で 言葉の力は偉大だ! と、この作品集を読み、強く思った。


全部の作品通して感じたのは、やっぱりなんだろう、不安とか焦燥感とか、そういうものの生々しさで。
そういう感情みんなが持ってるんだなぁって。

アーティスト・Reiiika(☆treasure★box!!☆)
@risukiiin