「たどりついたのこのまちへ」

現代あなたや私を守るのは防弾ガラスでもサバイバルナイフでもない、「自身を愛してくれている人がいるという感覚」と「愛する人たちがいるという事実」
このたった二つだけかもしれない。


割を食ってしまいがちな女の子や男の子たちばかり好きになってしまう。
そんな彼や彼女に割を食わせようとする奴に負けたくないからわたしは上手に生きる術を知ろうとしている。