雨の日、素足にサンダル

自分の存在が誰かの光になり得ること、わたしはイメージできたことがない、過去にも現在にも未来にも。


この頃の憂鬱は「ぜんぶ梅雨のせいだ」で済んじゃうからいいね。でも最近の私は別にぜんぜん憂鬱じゃない。


雨の日になんの靴を履くか考えた時、素足にサンダルを選ぶ発想がなんだか好きだ。