誰かの願いが叶うころ

人間は結局皆利己的なのだから、と嘲るけど、自分のことを大切にしないひとのこと好きになるのは辛いじゃない。わたしがだれかに「信じる」という言葉を確信を持って使いたいのは、「自身の『自分を大切にする』の定義にしたがって自分のことちゃんと大切にしてくれてるよね。」って、そういう。

だから、それでいいのに、やってくれたことだけよかったことだけ「ありがとう」と言って、その他のことはみんな、「それが普通だよね」で受け流せたらいいのにな


働かなくていいんなら、働きたくないよね。生まれて来なくてよかったなら、生まれてきてないよね。
誰かのそういう瞬間を目にしてしまうとその跡ばかり繰り返し繰り返しなぞってしまう時がある。