メイドカフェでひな祭りを祝おう!

f:id:world_conquest:20150304184138j:plainf:id:world_conquest:20150304184204j:plain

ひな祭りってどう祝えばいいの?雛飾りなんて持ってないし…。スーパーのひなまつり特設エリアからなんか選んで買って帰る?それもなんだか味気ない…。

手っ取り早く季節のイベントを味わいたい時に真っ先に思い浮かぶのは秋葉原だ。メイドカフェを初めとするコンセプトカフェの多くが、四季折々のイベントに合わせた催しを行っている。
だけど3月3日の秋葉原は、私がよく行くお店ディアステは前売りチケットを持っている人限定のイベント「りさごはん」開催で入れないし、シャッツキステは休館日だ。その他行ったことのあるお店のひなまつりイベント開催情報を一通り調べたけどいまいちピンと来ない…。
次に行ったことがないお店を調べていると、最近ずっと気になっていた「燈幻郷」というお店の3月3日の日替わりメニューが「ちらしずしプレート」と「ひなあられパフェ」だという公式ツイッターのつぶやきを見て、今日はそこへ行って見ることにした。
終業後、秋葉原。何度も歩いてるはずの外神田の道、一度気づかず素通りしてしまった細い路地まで戻ってきて角を曲がった。灯篭の明かりに「燈幻郷」という文字が浮かぶのを見ると、急に知らない街に来たみたいでどきどきした。
戸を開けると、自然な感じに「お帰りなさいませ」と言われて、一瞬そういうコンセプトのお店だということも忘れて何も違和感を感じなかった。
店長の詩音さんに「初めてですか?」と聞かれて「はい」と答えると、時間制であることを簡単に説明されて席に案内された。
席に付くと、ケモ耳を付けたもなかちゃんというメイドさんが、メニューの説明をしてくれた。私はしばらく迷った末に、再びもなかちゃんを呼んだ。
「ちらしずしプレートってお酢、結構利いてますか?」
小さい頃お酢が利いたちらしずしが苦手だったので、今はもう大丈夫かもしれないけどどうかなあ…と思いつつ尋ねてみると、もなかちゃんは困ったような顔でカウンターの中にいる詩音さんを見、それに気づいた詩音さんが
「入ってます!」
と答えた。そのきっぱりした感じを見て、食べてみてやっぱ食べれないってなったらかなしいなと思ってデミグラスソースのオムライスとひなあられパフェ、それからダージリンティーを頼んだ。
内装は洋館風で、暗めで濃い色の木目が基調。店内は私と、一人のお客さんがもう二組のみだった。もなかちゃんと常連さんが喋っている声をBGMに、ぼんやりと料理が来るのを待っていた。
食前にお茶が来た。無難にダージリンを頼んだけど、口に含むとほのかに甘い匂いがして好きだった。
次にオムライスが来た。待ってる時に何かを揚げる音がして、何を揚げてるんだろう…と思っていたら、付け合せのポテトだったらしい。揚げたてでおいしかった。オムライスもおいしかった。ソースが濃厚で卵とご飯にたっぷり絡めるとよりおいしい。
サラダまでしっかり完食すると結構お腹が一杯…。パフェまで食べられるかな?と思いつつひなあられパフェを食べる。淡い色のひなあられでトッピングされててファンシーで可愛らしい見た目だ。バニラアイスと生クリーム、下の方は、ブルーベリーヨーグルトとなにかベリー系のソースが入ってたかな。お茶をゆっくり飲み飲みパフェをつついていると、なんだかんだで完食してしまった。甘味は別腹だった。
お客さん同士距離が近いカウンターやテーブルもそれはそれで良さがあるし、お客さんの回転が早いお店のテンポの良さもいいけど、がっつりパーソナルエリアが確保できてゆっくりできるお店はいいなとおもった。
空いた食器を詩音さんが片付けに来られたタイミングで話しかけた。
「こないだ、アキバ大好き祭りで燈幻郷のステージを見てこのお店知ったんです。」
「ああー!そう、今日いるもなかちゃんと私が出てたんです。」
「ええー。あれを見て、詩音さんに会いたくて。」
思ったことと動機を素直に言おうとしただけだったのに、「あれを見て、」で急に恥ずかしくなってきて、「会いたくて」は一体どんなトーンで言えばいいのかわからなくなってしまった。
もちろん詩音さんはそんなわたしの戸惑いなど知るよしもなく
「そうだったんですね。ああー、ごめんなさい!今から休憩入っちゃうので、また戻ってきたらぜひお話しましょう。」
と言って、申し訳なさそうにフロアを後にした。

もなかちゃんからふと「秋葉原はよく来られるんですか?」と尋ねられた。すきです。と答えて、シャッツキステやディアステによく行っていることを伝えると、もなかちゃんもディアステに一度行ったことがあるそうだ。誰か知ってる子います?と聞くとひまわりちゃんやれたすちゃんの名前が聞けた。
「あと、えーっとだれだっけな…『♪だいすき~だいすき~♪』って歌ってた子!」
「なにもわからないwwwwwなんか、こう、見た目の特徴とか…。」
「えーっと…………♪だいすき~だいすき~♪」
「わからないwwwwwww」

あとそこからアイドルの話になり、お互いハロプロ好きっていうことで誰が好きかとかどんなイベントに行ってたかって話でひとしきり盛り上がった。
90分が近づき、お会計するかどうか聞かれた。詩音さんが休憩終わるまで待ちたい気持ちもあったけど明日も仕事あるし、また来ればいいかな、とおもい今日は帰ることにした。
お会計してもなかちゃんにポイントカードを作ってもらって、入り口まで見送ってもらった。

 

一言もひなまつりについての話をしてなかったことに出てからはたと気づいたけど、楽しかったから、まあ、いっか。

 

今週のお題「ひな祭り」


拙記事にご興味いただけた方はぜひ「メイドカフェご帰宅日記」もよろしくお願いいたします!

メイドカフェご帰宅日記 | CRUNCH MAGAZINE インターネット文芸誌