想像以上が起きるのなら

毎日ブログを書いても薄まらない心と言葉の濃度を保ちたい。

 

昨日のブログ
http://arikana.hatenablog.com/entry/2015/05/14/232919
で触れた話

今回の即売会で面白かったこと色々あったのですが、その中の一つとしてご帰宅日記で私が勝手に出演させたお客さんが、その瞬間は初対面で名前も知らなかったのに巡り巡ってご帰宅日記を手にしているという状況が頻発してたのが面白かったです。
特に一回ちょっとお店で話した後一切ネットでも現地でも交流がなかったのに、何で知ったのか文学フリマまで買いに来てくださって、
「どこかで会ったことがあるような…あっ!!あの時の!!!」
っていう一幕も…。
まじでどういう経緯でここまでたどり着いたんだろうあの方は…驚きすぎて聞きそびれてしまった。


これに反応してご当人がツイッターで名乗り出てくださいました!びっくりした…w
で話を聞いたら、なんとご自分が勝手に登場させられる前からツイッター検索「シャッツキステ」で私の日記がひっかかったのを読んでてくださったそうで、
私からすると、
「え!!!なんであの時会ったきりの人が今日このイベントでご帰宅日記を買ってるの!?」
ってかんじだったけど、相手方からすると2月に私がその方と喋ったことを書いた時点で
「あ!あの人がご帰宅日記書いてた人だったのか!」
というかんじだったらしいです。そんなことあるんだな、、おもしろかった…。


つまり、私のツイッターをフォローしてご帰宅日記を読んでてシャッツに通ってるという人は(私の認識している中では)ほぼ皆無だった中、図らずも私はそのほぼ唯一といえるシャッツ通いの読者とお互い顔を認識していない状態で現地で会話をし、そのことを私はご帰宅日記に書き、相手の方がわざわざイベントまで買いにきてくださったのでこういうことが起こったみたいです。びっくりすぎる…。
私お店であんまりお客さんと喋らないし、喋ったとしても喋った人全員をご帰宅日記に登場させてるわけじゃなかったのにそれでもこんなことが起こるんだな…。