虚空に投げて宙に浮かぶ。ブログに並んだ言葉。

凡庸さに絶望したりしていたはずなのに、生活に追われてるうちにそんなことさえ薄れてしまいそう。あるいは自分に出来ることはやっているという諦念や自信が卑屈さを矯正したんだろうか。

「あの人に比べると、君の文章には才気はないけど何か惹かれるものがある」

みたいなことを言われて、惹かれるものがある、より、才気はない。の方が刺さったんだった。

でもそれでも才気ある人の字面だけなぞるぐらいだったら徹底的に凡庸でも自分だけの言葉を紡ぎたいよ。

虚空に投げて宙に浮かぶ。ブログに並んだ言葉。