読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健やか

こう、ふと見回したら、私の周りにいる人ってみんな健やかだなっておもって。

メルマガの返信とかLINE@の返信とかもらえるの見てもみんな健やか。

私のことを面白がってくれるひと、私や私の書いたものをそばに置いてくれてる人がみんな健やかなの見ると、自分のこともう終わってるっておもった瞬間これまで100億万回あったけど、ギリギリのところで私はちゃんと健やかに育ててたんだなーっておもえた。

たくさんの人や表現や芸術に支えられてきたからだとおもう。

愛してくれたこと、見つけてくれたこと、勝負しなきゃいけないとこで勇気をくれたこと。

最初からずっとひとりでいたつもりだったし、誰も分かってくれないしそもそも誰もわたしに興味がないから仕方がないとおもってたけど、ほんとはそうじゃなかったのかもしんない。

誰かと楽しそうにしてる人達を見るたびに、ひとりじゃないって馬鹿みたいそんなん嘘に決まってるのにってずっと憎々しく見てた側だったけど。

 

それぞれの孤独の不可侵さを知ってるから、みんな自分にしか興味ないのが当たり前って分かってるから、差し出してくれた手の稀有さがわかる。

少しでも返して行けるように、みんなの健やかさを守れるように、一緒にもっといい所に行けるように、がんばりたい。