読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生き延びたひとたちの邂逅

本物じゃなくても楽しく生きたいじゃん。それだけだよ。

明日はもしかしたら書くことなんか大っ嫌いになってるかもしれないし、何かが一瞬にして180度ひっくり返る様をもう何度も見てきた。

それでも愚直に今楽しいことに手をのばそう。誰かに嫌われても。

 

昨日は高校時代の友達と会った。「二度とあの頃に戻りたくはないけど」としつつ、当時の話を肴にお酒を飲んだりご飯を食べたりするのはすごく楽しかった。

高校時代の記憶が薄い私は、いくつかの思い出話がまるでつくり話のように聞こえた。