読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィクション

ノンフィクションの強度で無双することに楽しさを見出す季節を越えて、フィクションには一体何が出来るだろう、という純粋な興味がより深く湧いてきた。
物語やそこに生きるひとたちのこともう一度ちゃんと信頼して向き合ってみたい。

きらいなひとが、「書き上げたら半分勝ち」って言っていた。わたしは書き上げただけで誰かが何かに勝てるとはおもわないけど、書き上げてからがやっとはじまる、とはおもった。

ひとの心を再起不能になるぐらい芯から真っ二つに折ってやりたいという暗い衝動が昔から心で静かに燃えている。わたしは自分と周りにその気持ちを向けないために、そのエネルギーを創作に傾けなければだめだ、とおもった。