読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

で、ほんとにその通りになって『ほらやっぱりね』って言えたら勝ちなのかよ。

持病の卑屈がひどい時期になったので、卑屈な考えが頭をよぎるたびに、

「で、ほんとにその通りになって『ほらやっぱりね』って言えたら勝ちなのかよ。んなわけねーだろ馬鹿が。」

と自分で切りかえして矯正を図る一日だった。(ただ自分だからいいのであって他人に言われたら速攻死ぬほど嫌いになるとおもう)

 

論理と感情と現実についてここ数日考えを巡らせていたけれど、結局バランスの問題だった。

現実と自分の感情にそぐわない論理はいくら正しくても意味がないし、でも自分がある感情を持ってしまったことを肯定することと、その感情を盲目的に100%正当化して現実や自分の論理を捻じ曲げることは違うとおもうから。

論理に基づいて感情が発露されるわけじゃなく、感情の発露が先にあり、そこからその原因を推理して、現実、論理、感情のバランスが一番よく取れるところを探求する。

この繰り返ししかできないよねだって。残念ながら人間の身体と心を持って生まれてきてしまった。