読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秋冬はいつもこう

元気が出ない→書けない→書かないから余計に元気がなくなる
を永遠に繰り返すだけの今週だった…。つらい。

なんか今までうまく自分自身と自分の作品を異化することができなくて、自分の作品が好きじゃなかった。でも最近になってようやく、去年の作品だとか学生時代の作品だとかの意図とか何を書きたかったのかとかが客観的にわかってきた。それで、わたし、自分の話に出てくる人達のこと好きだなとおもって、ああそうか、好きなんだなあってやっと思えた。
作り手は自分の作品が一番好きだよ、という言葉が今までずっとピンとこなかったんだけど、今ならわかる気がする。

色々悩んだあげくに最後にたどり着くのはいつも「やりたいことやれることをやれる時にやれるだけやるしかない」という結論だった。ここにたどり着くまでにいつもどれだけずたずたになるか。ばかだ。