読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひきこもりニート生活二日目最終日

突然のウイルス性胃腸炎(ごく軽度なもの)により会社にも行けず誰にも会えずどこにも行けずな生活の二日目最終日。

病気で突然休みになると、日常や社会の網目から落ちてバグってできた空間にぽつんとひとりでいるような気持ちになる。

久しぶりのひとりぼっちニート生活も、最初はよかったけどもうなんだかちょっと寂しくなってきた。

あまりにも外の刺激のある生活に慣れてしまったんですね。

病気にでもならないとこんなにゆっくり休まないから、たまにはよかったのかもしれない。

やれることをやれるだけ、選べることを選べるだけ、やりたいことをやりたいだけ、しか人にできることって結局ないんだという諦めがやる気に変わる。やっぱり休養と睡眠って大事だ。

明日からはまた日常へかえっていく。