楽園の不在

個人の苦しみの根っこって、もしかして大概が

「血縁関係」

「お金がなければ生活できない/今の生活レベルが維持できない」

なのでは…?そうだったらどうしようと、突然怖くなった。

 

肩こり。週末、楽しいことだけして過ごしてたら、なんにも気を付けてないのにお風呂で首まわしても全然ばきぼき言わなかった。

ストレスで肩が凝るなんて、安易な結論だ、姿勢とか運動の頻度とか、そういうとこに絶対原因があるんだとおもってたのに

人はストレスで肩が凝るらしい。

 

で、じゃあ個人の苦しみの根源、

「お金がなければ生活できない/今の生活レベルが維持できない」

の心配がなくなれば、人はしあわせに思うがままに生きていけるの?

とおもったけど、でも世の中にはたぶん私が思うよりももっともっともっと大量に

「生活がかかっていなければ誰もやらない仕事」

っていうことで溢れかえっていて、でも誰かがそれをしているから周っている集団や生活っていうのが一杯あるわけで…

とおもうとなんていうか、社会はどこを目指すべきなんだろう…という気持ちになってしまった。