読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「私には何があるのかわからないけど、それを見つけてください‼‼‼」なんてもう言えない

「私には何があるのかわからないけど、それを見つけてください‼‼‼」なんて言えないなあもう。

よっぽど顔や身体の造形が整ってるとか、何かの素養や才能がすごくある人間じゃない限り、技術や能力を磨かないと誰も興味を示さないよ。

 

わたしは、わたし。
文句あるか。

 

それは闘いの果てに掴み取る答えであって、何かや誰かと向き合うことから逃げるための言葉じゃない。

 

千と千尋の神隠しは、自分を庇護する親が豚になってしまって、特別な力なんか何も持っていない無力な人間がそれでも生きて行くために「ここではたらかせてください」と言い張るところから始まって、何かを一つずつ勝ち得ていく物語だ。

そういう物語の方に励まされている。今の私は。