永遠のようにおもえた青春が絶望が、

「わたしだけの、あの子」なんて感覚がそもそもはなから勘違いなわけだけど、地上波にバンバン出まくる人気者になっていたり、結婚していたり、子どもができていたり、

そういう季節だね、って感じだ。

永遠のようにおもえた青春が絶望が、どれだけ儚いものだったか、ひとりでに知ってしまう季節。

夏。涼しさと蒸し暑さが交互にやってきて、今が何月なのかも忘れてしまう。