読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夏が死に、秋がくれば、

夏が死に、秋がくればまた憂鬱に押しつぶされ心が音を立てて崩れる。

とわかっていたとしても、走れるうちに走れるだけ走っとくしかない。

いくら走っても追いつかれるとわかっても、走る。だめになったらだめじゃなくなるまで休む。また走る。

四季を重ねるようにそれを繰り返し、何十回か繰り返したら、死ぬ。虚しい繰り返しだったとしても今は諦めない。