わたしのゆめは

毎日開店ダッシュで紅茶飲んで、洋館見学に行って、ブログ書いて、文章書いて、掃除して、ご飯作って、ストレッチして、寝たい。

もう不特定多数のための文章ではなく、そのひとのためだけの文章っていうのをたくさん書きたい。

小説が書きたくなくて、レビュアーにも批評家にもなりたくなくて、知識を詰め込んだ文章が売りたいんじゃなくて、ノンフィクションにもフィクションにもとらわれたくなくて、っていう私が辿り着く場所が必ずある。

芸術をやり続けたい。