読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

声を聴くまでわからないこと

保紫萌香さんのことは、ミスiD2016グランプリになった時から知っていた。

選評を読んでも、本人のツイッターを見てもどこか掴みきれない感じがした。

でも本人のツイキャスを聴いて、なんで彼女がグランプリに選ばれたのかやっと分かった気がした、つまりは魅力が。

202.234.44.8

 

これから先、彼女と声と身体によって体現される、言葉や物語はしあわせだとおもう。

数えきれない誰かが発した五十音や単語、言葉が、彼女の身体を通して放たれるだけで、まるで初めての言葉のように瑞々しかった。

 

いかに活字が、その人を伝えるメディアとして弱いかを感じた。

これもまた彼女の魅力を1%も伝えられる言葉ではないけれど、聡明なひとだとおもった。