洗練されていくスタイル

働くことは人間への懲罰

って言葉には概ね同意なんだけど、でもあえて効能?効用?を考えるなら、社会に対峙する自分のスタイルが洗練されていくことじゃないかとおもった。

お前はこの街にふさわしくないよ、という自分のささやき声に怯えて俯いて歩いていると街がもっと怖くなり、実際ふさわしいかどうかはさておいて、それでも私が一番ふさわしいよと背筋を伸ばして視線を上げて歩くとそれだけで何も怖くなくなる。

自分のスタイルさえきちんとあれば、どこにいても誰と対峙しても怖くない。

大人になるほどみんな物怖じしなくなっていくのはきっとそういうこと。