APOLIAからはじまるおっさんの物語

 ビビッドな色とりどりのアクセサリー。女の子はいいな。これまで生きてきて何度も心をよぎった言葉。なんだか捨てきれない何かを感じつつ、それでも私は男でおっさんだからの呪いの言葉を思い出した。世界が灰色に戻った。焦がれてしまうのが悲しくて、あんまりちゃんと見られないままお店を出た。仕事に戻ろう、忘れよう。振り払おうとしたその時、赤いベルベットのワンピースを着た金髪の美しい男の子とすれ違った。思わず振り返ると、彼はさっきのお店に入って行った。戻りたい衝動に駆られつつ、約束の時間を思い出して私はラフォーレ原宿をあとにした。

 

f:id:world_conquest:20161024004947j:image

www.youtube.com