読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

強がりと虚飾の境界

幸せアピールして離れていくような器の小さい人と仲良くする必要はないですよ。

例えばおしゃれなカフェごはんをアップしたときに、「アピールかよ」なんて思わずに、素直に「へえ、おいしそう!」と言ってくれる人と仲良くしたいじゃないですか。

 

bizlady.jp

 自分はどういうタイプか考えた。

「アピールなんだろうな」と「楽しいんだろうな」、は心の中で無意識に区別する。

でも「アピールなんだろうな」と判断したからといって、感情は別に正にも負にも振れない。アピールしているひとでも、私にとって好きなひとは好きだし、アピールしてないひとでも嫌なひとは嫌。アピールでもそうじゃなくても、美味しそうな写真だったら店名のメモは取るかも。
もうあまりネット上の虚飾に振り回されなくなった。振り回された方が楽しい時だけ自発的に振り回される。
丸の内バリキャリOLになりきるツイッターの中身がしがないおっさんリーマンだったりする。
いまやネット全体がなりきりチャットだから。
格好いい強がりと虚飾の境界はどこにあるのか。