今日の今日、お前はまだやってるのかよ。私は、やってるよ。

今年のミスiDで一番こころに残った言葉。

 

書き始めた頃から、私は本当じゃないのかもしれない。書くことも、書きたい気持ちも、違うのかもしれない、一過性なのかもしれない。本物じゃないのかもしれない。10代の頃、そんな不安な気持ちがずっと心にあった。

続けることが全てではない。続けることが絶対の正義ではないし、誰かが自分に見切りをつけて、作ったお茶碗割っちゃうようなその瞬間を何度も見てきた。それは確かに新たな始まりでもあり、美しい瞬間でもあった。

だけど私は辞めずに続けてきた。もう10年以上。

自信のない顔をした私にえらそうな能書きを垂れるひとたちをたくさん見てきたよ。

じゃあ、今日の今日、お前はやってるのかよ。私はまだやってるよ。

不安でたまらなかったけど、それでも続けてきた。書きたいこと、書きたい気持ちは本物だったと今なら確信を持って言える。これからももっと本物にしていく。

 

生き残るのは私だ。なぜなら私は続けるからだ