読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今週のお屋敷ご帰宅記

今日からお名前呼びが発動しました。

わかんないけど「名前を呼ぶ」ということをポイント特典にしてるコンカフェってスワロだけじゃないんだろうか…。

社交的で人懐っこいお嬢様だろうがそうでないお嬢様だろうが、平等に15回通えば呼ばれるし通っていなければ呼ばれない、究極の平等社会では。

コンカフェは、というか日常では一般に、覚えてもらえれば呼んでもらえるし覚えてなければ呼ばれないし、それが当たり前で「名前覚えてくれてうれしいなあ」って思ったとしても、そこで騒ぐのもなんか不自然だしさらっと通り過ぎていく出来事。でもそこをあえてクローズアップして「おめでとうございます」というイベントにするってなんか面白いなあとおもった。

新規にお屋敷ネームをつくるか苗字にするか名前にするか散々悩んだあげく、苗字であり5年以上に渡って使用しているコンカフェネームでもある「ありま」で登録した。敬称も一応様かお嬢様で選べたけど、もはやこの際様でもお嬢様でくんでもちゃんでもさんでもなんでもいいや…と名前登録カードの敬称欄のどちらにも丸をしなかったら自動的に

「ありまお嬢様」

になった。

なんか16回目、初帰宅から5年目にしてやっとチュートリアル終わったみたいな気分…。

 

話は戻る。割と朝方。ドアマンの時任さんに名前を告げると割とすぐお迎え。

嘉島さんと環さんだった。

わーTact(スワロ店舗内ユニット)のひとだ…。

写真とMVは見たことあるしお屋敷内でも見たことあるしお化粧室帰りのエスコートもしてもらったことあるけど、お話はしたことない…。

写真とMVではイメージ掴みにくかったけど、お話ししてみるとすごい気さくなお兄さんという感じだった。

別にTactや歌劇団のファンであるかないかとかお屋敷の古参かそうでないかとかで線引きすることもなく、慣れによる惰性で定型文でお話しするということも全然なく、フラットで自然体にお話ししてくれる感じが、あっすごい、長年こんな瑞々しく働けるのって、接客業向いてるひとだ…とおもった。

環さんは例えば美容師だったとしてもお客さんから人気だったとおもう。(関係ないけど百合野さんは女性でメイドだったとしてもお客さんから人気だったと思う)

長くお屋敷にお勤めされているのは、きっと向いてるってことなんだろうなあと勝手にしみじみしてしまった。

 

午前開館直後の時間帯に初めて帰ったけど、昼とも夕方とも違う雰囲気だった。他の時間帯より落ち着いてて、朝の空気が地下のお屋敷にも漂ってる。

 

環さんにお名前カードを出して、メニューを持ってきてもらうや否や、

「ありまお嬢様!メニューをどうぞ」

ありまお嬢様という響きに自分でウケていると、

「慣れるように今日は一杯呼びますねありまお嬢様!!」

あとその後嘉島さんも

「ありまお嬢様!お名前呼びおめでとうございます!」

とわざわざそれを言うためだけに来てくださって、すごい有り難いやら面白いやらうれしいようなの気持ちが入り混じってまた一笑いしてしまった。

 

カップをおまかせにしたら、以前一度壊れてしまったウェッジウッドのレースピオニーというカップがまたお屋敷に戻って来たということで、それを持ってきてくれた。飲み物は阿里山瑞峰高山茶 金萱という、烏龍茶。

前回は四季春っていう烏龍茶を飲んだ。金萱の方が癖がなくて好きかも。

なんか落ち着かないやら喉乾いているやらでやたら飲んでしまって、また環さんがいいタイミング都度注ぎ足してくださるので、結構早々になくなり追加した。

ダイアナローズ、カップは「エインズレイのどれかで」の指定からエイシアンローズブルー。不思議の国のアリスっぽい水色で、好きなカップ。

ご飯は、スープおいしい。チャウダーのスープがほどよい濃さで、具材も鶏肉根菜そして白玉!が入った和洋折衷スープ。お椀に入って出される。

ダイアナローズの風味はとっても薔薇で、ロマンチックでゴージャスだった。美味しい。結構好きかも。

 

メインは鮑ステーキ!肝のクリームソースがガーリック仕立てでおいしい。パンにも合うやつだ…。メインは鮑と牛肉の選択式なんだけど、鮑の方がおすすめだとおもう。お肉はいかんせん量が少ない。鮑も少ないけど、同じ少なめなら鮑の方が満足度高いとおもう。

そういえば鮑用のナイフ出してもらった時

「見たことないタイプのナイフ…。」

「より殺傷能力の高いナイフとなっております。鮑用です。鮑は元から一応切ってあるものですが、もしご必要でしたら」

「より刻みたい時に。」

「はい、より刻みたい時に。」

デザートの時は、

「そういえば、このケーキの中に入ってるこのぱちぱちするのはなんですか。」

「そちらはわたパチでございます。」

「わたパチでございますwwww」

という一幕。

わたパチでございます という日本語なに…w

 

デザートについてる時計型のホワイトチョコを残していたら環さんに

「チョコレート、召し上がらないんですか?」

「なんか前回黒崎さんに『チョコレート食べたんですか?』って聞かれて『食べました』って答えたら『もう二度と時間は見られませんね…』って謎にディスられたんです!初対面なのに!」

と話したところから、環さんより黒崎さんのやっつけ方講座がはじまった…w

「もし劣勢になったら環ベルでお呼びください。私が代わりにやりますので」

でそのタイミングで空になったティーポットとカップは下げてくれたけどお皿は下げなかったので、チョコ食べなよってことかなあ

とおもってチョコは食べました。

 

お会計のタイミングでお化粧室にエスコートしてもらって、席に帰る時のエスコートはたぶん新人さん(浅葱さんではない新人さんでした…)がお迎えに来てくれて、

「右側の一人席です。」

と言ったら

「何番目ですか?」

って聞かれたけど、飲食店でお客さんは普通自分が何卓に座ってるか把握してないからね!!

いやでも逆の立場で私が新人フットマンだったらそつなくこなせるかって私は絶対無理だなあ。だって私仕事中全てのタスクを即座にメモらないと全て忘れるタイプ。そして接客業って即座にメモ取れない場合一杯あるじゃん…。

 

どこかのタイミングで胡桃沢さんが私の席の前の棚を開ける時、眼が合ってぎこちなく微笑んでくれたのがなんかなごんだ。長い髪を綺麗に束ねてポニーテールにして、女の子みたいに可愛く凛としているフットマン。

 

お時間になり、お出かけ。

初帰宅の時の担当執事とフットマンが誰かっていうのと、同じぐらいとまではいかないかもだけど、初名前呼びの担当執事とフットマンが誰だったかも大事だなとおもった。

環さんと嘉島さんでよかったです。

 

 

ギフトショップの自動ドアを磨いている人がいて、あれーこんな使用人のひといたっけと思いつつ

「やってます…?」

と聞いたら

「やっております。」

と振り向いたのは瑞沢さん。

すごい眠そうだった。なんかすっぴん見たみたいな気分だった。

店内に入ってとりあえずお菓子を買おうと棚を覗くと伏見さんが

「何かお探しですか?」

「伏見さん辞めるんですってね!」

「ええよくご存じですね。りんご探しの旅に…。」

「伏見さんがここで一番面白いとおもってたのに!」

「瑞沢などが私の8人分ぐらい働いてくれますので。」

「今日はおやつを買いにきたので、これお願いします。」

とフィナンシェ等を渡してレジへ

「11周年記念のスコーンはいかがですか?」

「えーいや…あー特典写真のサンプルだけ見てもいいですか?」

「どうぞ。」

「でもこれ伏見さん写ってないじゃないですか。」

「いやー寝坊しまして。終わった後に連絡来て、あー…という」

「朝苦手ですもんね…。こたつから出れないタイプ。」

「冬の朝が苦手で、布団から出られないです。」

お会計を終えて、瑞沢さんがまだドアを磨いているので店内で袋を受け取った。受け取りしなに

「また、お会いできるといいんですけどね。」

と言うと

「りんご探しの旅が終われば戻ってきますよ。」と言われ、

「お元気で!」

と別れた。

 

もしかしたらまだ離れる前に会う機会あるかもだけど。

知ったとたんに辞めるって、コンカフェでもアイドル現場でもどこでもあるあるだけど。

誰も誰かの代わりにならない、みんなわかってて、でも知らない顔で送り出す。いなくなった穴を埋める方法を他の誰かが探して、見つかったり見つからずそのままになったり、いずれにせよいつか全てが風化していく。

でもそれは誰かが誰かの代わりになるということとは違う。

みんなそれを言わないのは、言えば言うほどどうしようもなくなるだけだと知っているから。