お酒と人のしあわせな関係

20歳、はじめてビールを飲んだ時は苦い!!!とおもった。日本酒もワインも苦い…と思っていたし、甘いお酒ばかり飲んでいた。

でも甘いのばっかだと飽きてくるし…とおもって、さりとて好きなお酒もなかったので、メニューの上から順番に飲めるだけ飲むようになった。なんだかんだお酒よりおいしいおつまみの方が好きなので、2~4杯飲むとお腹一杯になる。

気付くと大体なんでも普通に飲めるようになったけど、それしか飲まない!ってほど好きなわけはなく。ただ、ワイン日本酒ビールにそれぞれ好きな銘柄、それを飲むならここ、みたいなお店はなんとなくできた。

好きな比率は、食べ物>お酒>アルコールで、自分ではお酒のこと、ふつー。好きなひとに比べたら全然自分は好きな方じゃないし強くもない

とおもっていたけど、割と何飲んでも早く酔う割に、何でも飲めるし楽しく飲んでいられる時間は長く、酔いつぶれる前におなか一杯になって飲む気が失せる

っていうのは、とても幸せなことですね!

と、ひとから言われて、あっ、言われてみれば確かにそうかもしれない…。

とそこではじめて気付いた。

 

それしか飲まないレベルに好きなお酒がないのは全然酒好きじゃないなあ自分とおもってたけど、何でも大体普通においしく飲めるって、しあわせなことなのかも…。

好きだけど好きすぎない方がしあわせな関係が築けるっていうのは、お酒相手でも一緒かもしれない