「コンビニ人間」今の日本で辿り着きうる最善の、

本屋に行って、気になる本はいくつかあったんだけど買うに至らず

なんかこう、理由も感性や意欲がぐんにょりくぐもる、がらんどうの日だった。

 

読み終わった「コンビニ人間」のことを、考えていて

 そういう風に生まれついた時、今の日本で辿り着きうる最善のバッドエンド

だった。

 

この物語が幸せじゃないのは主人公が悪いのか?悪くないのだとして、じゃあこの違和感はなんだろう。

とおもって、ああ、この物語をトゥルーハッピーエンドにさせてくれないのは全く彼女の資質のせいじゃない

と気づいた。