「超移動式楽園キチガイア」大森さんのワンマンに行きました。

 

2017 LIVE TOUR "kitixxxgaia"/大森靖子
ツアーファイナル Zepp DiverCity TOKYO

 

前日にチケットを取ろうとしたらペアチケットしかもうなかった。が、

 

このツイートを見て当日夕方、当日券を取りに電車に飛び乗った。
お台場に向かう、りんかい線のフィクション感ってなんなんだろう。

 

当日券売り場のおっちゃんの、当日券を取りに来た私の背景全て見透かしてる感がすごかった。神か。
開演時刻を数分経過した入口付近は、当たり前だけどスタッフ以外誰もいなくて、当日パンフを降りつつ急いで階段を降りる。
会場内からの音漏れが聴こえる。

急いでドアを開けて中に入ると

ドグマ・マグマ

たくさんのお客さん、光るステージの上には大森さんと、バンドメンバー。

 

ピンクメトセラで、ステージを舞う私。さんを見た時、ああ、やっぱり大森さんが本当にやりたくてでも自分ではできない身体表現を体現しているのが私。さんなんじゃないかと思う。様式美に頼らない、圧倒的自由と美しさを兼ね揃えたあんな踊り、他に知らない。

 

夢幻クライマックス かもめ教室編、アプガがゲストダンサーだった。

アプガはフォーメーションを変えず横並び1列のまま踊り、大森さんがその後ろの1段高い場所で歌い踊る。

みんな、一人のまま踊る。その真ん中で大森さんが一人で歌う。

みんな一人のままなのに、それが合わさって一つの美しいパフォーマンスになることが、奇跡のようにおもえた。

 

オリオン座も、お客さん同士の仲間意識なんか全然ないのに、ひとりひとりの小さな独唱がこの1つの光景を生み出していること、そんなこと、ほんとうにあるんだと思った。

 

最終公演。新🌏zは素晴らしいバンドだけど、この曲だけはどうしてもどうしてもピントカのことを思い出してしまって、あのメロディアスなギターの独奏、オリジナルは高野さんだった、と心の中で呟いた。
私が、大森さんのことをやっと好きだと言えるようになったのは、最終公演が、ピントカがきっかけだった。

最終公演、この日にやってもらえてうれしかった。

 

 

誰にも共感を許さない、お客さんもバンドメンバーも誰も大森さんに追いつけない瞬間があって、でもその瞬間でさえステージに飾られた青柳カヲルさんの大きな絵だけがいつでも大森さんと同じ境地に居て、時間軸が大きく激しく移ろい続けるステージで、あの絵だけが揺らがずでもどの瞬間も寄り添ってこの世界を見つめていた。本当の芸術ってそういうことなんだと知った。

 

大森さんが最後、人差し指を立ててシーってして、マイクを通さず生の声でお客さんへの気持ちを伝えるシーン、たぶんきっと、浜崎あゆみさんへのオマージュな気がした。

 

もう大森さんはとっくに「高円寺の小さなライブハウスで歌っていた無所属女性ソロシンガーが、大箱でライブをやっている」という、感慨やエモさを飛び越えたところでやっている。

それがどれだけ難しいことか、小さいライブハウスから始まってそもそも何にもなれなかったり、あるいは大きな会場でのワンマンを実現させられてもその直後に活休したり解散したりしていったアイドルやバンドのことを思い出したら嫌でもわかってしまう。

音楽になる覚悟、ショーをする覚悟、それをして何を為し得るかのビジョン、実力。

高円寺の小さなライブハウスで歌っていた無所属女性ソロシンガーが、大箱でライブをやりました

その後

その後を見させて欲しい、見て行きたいと、大森さんは私にどうしようもなく思わせます。

エモさは状況が作るんじゃない、実力で作る

ということを

 

lineblog.me

 

 

 

 

 

arikana.hatenablog.com

arikana.hatenablog.com

arikana.hatenablog.com