TOKYO鮮烈な死とゾンビのまち

端的に図太くて手数が多くて、他人の痛みや自分の痛みに結構鈍感な人が勝ちやすいな~、プラス知性があれば得られる勝利がどんどん大きくなるなー

と常々おもっていて、でもなんか自分はどう考えてもそういうフィールドには行きたくないし行けないから、なんか別の勝利条件を自分で勝手に作って勝手に勝利していきたい

 

自然naturalルーツとか本当、がある地元や田舎から出ていきたくて都会を目指すということは、それだけでもう、1回死んでるといえば死んでるのかもね、みんな。

その死ぬときの鮮烈な痛みが輝きだ、と思っていたひとのブログの文章が10年後、手癖だけになってしまったね、と思ってしまうのは、果たしてどっちがゾンビになってしまったからなのか。