真っ当な大人は、相手の不愉快や嫌悪を過剰に恐れない

f:id:world_conquest:20180119004013j:image

思うに我々は、相手から嫌われることや、相手に不快な思いをさせてしまうことに怯えすぎているのだ。

真っ当な大人と言われている人達は、相手の不愉快や嫌悪を過剰に恐れない

人間の好きも嫌いも所詮は一過性の「気分」でしかないということを脊髄レベルで理解しているのだ

 

嫌悪や不快感に怯えすぎる人達は

なら、あらかじめ消えておこう

と嫌われる前に消えておいてしまうから

 

でもいくら注射は痛くないよと言われても、注射が痛い人達にとってはどう考えても注射は痛いので

不感症になっていくのが大人になっていくということなら、それもそれで嫌だよね