日本の四季は美しい みたいなやつ、ポジティブすぎでは?

この寒さが過ぎれば春が来る。

日本に四季があるということ、季節の変わり目を過ぎるたびに懲りずに忘れる。

でも季節の変化がどんだけ人の身体や精神に負荷かけてんだろうと考えるたび、

日本の四季は美しい みたいなやつ、ポジティブすぎでは??とおもう

 

子どもの頃身近な大人が、若い頃の後悔を口にするのが嫌いだった。

そう思うんなら今やれよ

と思っていた。今でも割とそう思う。

それが私にとって揺るがぬ事実なのか、それとも若さゆえの傲慢だったのかは、あと20年ぐらい経ってみないとわからない。

でも、後悔しそうになるのをぐっとこらえて振り払う、みたいなことは増えてきた

それでも私はその時その時の私が最善と信じた答えや精一杯の行動を信じて生きたい

たぶんそれが今日の自分を肯定するということ