生まれて初めてプロからメイクレッスンを受けてみたの巻

ヘアメイクからネイル着付けまで街中でやってくれてしまうすごいお店、アトリエはるかはマンツーマンのメイクレッスンをやっていて、面白そう~とおもって受けてきた。

資生堂のメイクレッスンも興味あるけど、枠が少なすぎて100年経っても予約取れなさそうだし…。

メイクレッスン後に仕上がった顔を見た感想は、やっぱりひとつひとつの塗りはプロだなあと思うけど、やっぱり普段のお仕事でお客さんにメイクする時の想定シチュエーションが冠婚葬祭とか、ビジネスの現場のためにとか、そういうフォーマルなメイクだからか、各人の個を生かすというよりも、「フォーマルな場にふさわしい顔に、千差万別の顔を平均化する」みたいな方向性で、それはとても正しいし、亜流メイクはそこから崩していけばいいだけって話なのかもしれないけど、端的にあんまり私には似合ってなかった気がする。

もっとざっくりした言葉で言うと、「普段より断然まともな大人っぽく見えるけど、だからといって自メイクより盛れてる気はあんまりしない。」

 

でも自己流だったベースメイクとか、ちゃんとプロの手にかかるとやっぱり仕上がりが綺麗で勉強になったし、曖昧に塗ってたハイライトとか眉マスカラとかもしっかり使い方教わったしそこはやっぱりお金払ったかいあったなあと思う。

 

何より「なんとなーくこう塗った方が見栄えがいい気がする」「なんとなーくこれ使った方が仕上がりがイイ気がする」などという感覚をベースにテレビ雑誌ネットで眼に入る情報の取捨選択を重ねてこれまで構築されてきた自メイクが、別に全然間違ってるわけじゃなかったということがわかってちょっとほっとした。

 

序盤、プロを目の前にしたら突然「これまでの私の自メイクは100%過ちだったのではないだろうか…。」という不安に駆られ、またこれまで一切自分のメイクを言語化してこなかったために普段どういう風にメイクしているのか全く店員さんに伝えることができず、

「これを…ばっと塗ります」

「これで…がっと描きます」

というレベルの説明しかできず、そしてなぜか一部会話が成立せず、なぜか私はコンシーラーファンデを塗る前に下地やベースを塗っていないひとだと思われ…(塗ってるよ!!)

なので完全に全然メイクしたことない人、あるいは壊滅的に化粧が下手な人だと思われて何度か失笑を買い、しまいには

「BBクリームって聞いたことありますか」

と聞かれるほど指導のレベルは下がった…。

 

ハードルが極限まで下がったからか、その後、眉を描く実践、ビューラーでまつげを上げる実践などを見てもらっていたら

「あっ、別にちゃんとできてるじゃないですか」

と段々加点がつき、帰る時に最終的には

「別に普通にちゃんとできてたから自信もってくださいね。アイテムも色々お持ちですし、あとは足りないアイテムを足せばいいだけですよ。」

と言っていただいてなんだかほっとしてしまった…。

 

自メイクについて誰かと語り合うという機会をほとんど持たずにここまできたから、本当にこれまで感覚だけでやってきた部分が大きかったので、自分のメイクを言語化する機会が持てたのがまずよかった。

 

自分で再現できるように自前の化粧品使う場面が多かったので自分のメイクポーチの中身を出したのですが、自分のメイクポーチや使っている化粧品の銘柄まで細かくみられるの恥ずかしかった…。冷蔵庫の中を初対面の人に見られるのと変わらない…。そして私のメイクポーチの中身は全然戦闘力高くないです。(戦闘力=価格)

 

最後に使った化粧品を購入できますよとのことだったので、ハイライトを購入した。自前のハイライトはすごく色づきが悪いのが気になってたので。

 

お会計し、メイクのポイントをまとめてくださったシートと購入した商品を受け取って帰宅。

 

 

 

ツイッターには書いてしまったけど、アトリエはるかのメイクレッスンイイと思うよ!レッスンが本業じゃないだけに安心して受けられるところも結構大きい。実務で使っているメイク道具も使ってお化粧教えてもらえるし、使った化粧品はレッスンシートに名前書いといてもらえるし。だからと言ってメイク道具押し売りされるわけでもないし。何より予約が取りやすい!

 

私はあんまりしっくりこなかったけど、普通はまともな大人を演出するメイクは覚えていて損ないんだろうし、自メイクがどこまで正しいか答え合わせできるし、ていうか私はできるものなら10代のうちにこのレッスンを受けておきたかったね…。

 

今日の私の反省点は、不器用を指摘されるのを恐れて、ほとんどベースメイクしかせずに現地に行ったところだと思う…。ちゃんとメイクしていって、自メイクがどんな感じなのかちゃんと見て理解してもらえてたらまた違う指導があったかもしれない。

でも総じて面白かったし勉強になりました。

 

こないだネイルサロンに行った時も感じたけど、こういう場所って強烈に自分が女性であるということを意識させられるんじゃないだろうかという怯えがちょっとあったけど、行ってみるとひたすらに技術の世界なので「あれ…そういえばなんでここは一般に女性限定ということになっているんだろう」というフラットさでいられた。(それだけに仕上がった顔があまりにも成人女性!OL!まともな大人!という感がきつすぎて違和感かんじてしまったんだけど…)

女子力の場所っていうより、プロによる純粋な技術力を享受するための場所だった。