2018年総括と2019年に向けて

ここ数年で生き抜く地力みたいなのがちゃんと身についてきた気がするなあという実感が伴ってきました。

超具体的に言うと、知らない大人や知らない会社や知らないお店に電話がかけられる、とか、

見積もりの取り方がわかる、とか

ビジネスメールがそれなりに受け答えできる、とか

最初からこういうのがそれなりにこなせた系の育ちをしていたような人達からしたら、「は?」という感じかもしれないけど、

家から出るのもかなりの気合いがいるし、電話をかけるのはおろか、携帯にかかってきた電話を取るのもためらってしまうぐらい、もうそのぐらい、社会や他人に接続する全てが怖かった私が今はそれができるってかなり希望だと思うよ自分でも…。

私が自分で欠けていると思っていた部分は修練や経験である程度まではどうにかなる類のものだった、ということがわかった。

 

表現活動?個人活動?の流れ的には、それまで定期的にイベント出展に出てるうちに、だんだんどういう本が売れるのかわかってきて、かといって売れる本を造ろうとすると自分が作りたいものと離れていってしまう気がしてそれはなんか違うし、このまま出続けて「コンカフェの本をつくるひと」になるのも違う気がするなあ、とnoteでの更新に力を入れるようになった。

いや正直どちらかといえばnoteよりこっちのブログの方がトーンとしては好きなんだけど、いくら自分的に超傑作なブログを高頻度で更新してもたぶんここでは何も世界が広がらないなってことを悟ってしまったから…。

というような実践や思考の紆余曲折があって、今年の暮れにはwebマガジンを作って、それの紙媒体化&イベント出展を目指したいなという気持ちが湧きあがってきて、それでできたのがこちら

note.mu

なので来年はこのwebZINEごはんと女の子の主宰としての活動をがんばりたいと思います。

今noteで更新している他マガジンも早めにきっちり区切りをつけられるようにしたいです。

 

それ以外だと、webマガジン始めるからっていうのもあるけど、普通に趣味も込みで写真を勉強したい!

 

そして最近は本屋巡り&その本屋でその日一番気になった本を買って読む活動が楽しいので、これは飽きるまでやりたい。

化粧品研究やワインはじめお酒を飲みながら勉強する活動も楽しいのでこちらも続けたい。

 

あとはもう本当に、ちゃんとこれが本当に自分の本意なのかということを常に自問自答することを忘れないようにしたいし、より自分の本意に沿って生きてくためにはどうしたいいのかっていう解を求め続けることも止めない。

 

年の瀬、よいお年を、1年の総括、来年に向けて、

とか言っても正直何も実感はないんですけど、変わらずまたがんばりたいね、今日も明日からも。