東京女子流CONCERT*02「Christmas Live 2011」 in 中野サンプラザ 感想・レポ

イブは、ゆっしと女子流のクリスマスライブに行ってきました。
1階後方だったんですが、席が見事に埋まっていたことに感動…。
こないだの銀河劇場のキャパの約二倍が見事に埋まっていました。

10月のコンサートに比べて歌もぐんと上達してるように思えた。
ただあぁちゃんが風邪引いたらしくちょっと不安定だったかなあ。
あぁちゃんあの歌声で安定したら超化けそう。


開場が結構押してましたね。20分くらい?
開演も15分くらい押してたかなー。
開演のブザーがなってからがなかなか暗転しなくて、みんな手持無沙汰そうにしていました。

そしてようやく暗転!幕にオープニングVTRが流れてます。
設定は「女子流5人がクリスマスパーティーを楽しんでいる」という設定のVTR。
すごい可愛かったー。

1曲目は「孤独の果て〜月が泣いている〜」
幕が開いて女子流が登場!サンタ仕様の赤いワンピースの女子流がそれはもうめちゃくちゃ可愛くて…。
さっそく高まる!!しかも銀河劇場でのライブに引き続いてまた生バンド付き!前回は後半のみだったのが、今回は最初から!!


「きっと忘れない、、、」
「頑張っていつだって信じてる」
そしてMCへと。

MC後半にスタッフがスタンドマイクとひまわりの飾りを運んでくる。
もうこれで次の曲を悟る場内。

「ヒマワリと星屑」!
この曲はもう本当に格好いいね!!大好き!!もうイントロからたまらない!!


「ゆうやけハナビ」
「サヨナラ、ありがとう。」
MC

サヨナラ、ありがとう。はぐっと来るよねー…。冬にぴったりな曲。


White Love
「クリスマス・イブ」

ここからクリスマスにちなんだカバーが2曲。スピードのWhite Loveとかさすがすごい似合うよね。
クリスマス・イブは山下達郎のクリスマス・イブです。
ひーちゃんが歌い始めた瞬間その選曲センスに思わずちょっと笑ったわ。
でも何歌ってもちゃんと女子流の色になるんだなーと思った。


そしてここで女子流ちゃんが掃け、スクリーンが降りてきました。
ぱっと映し出された映像には舞台裏…?そこにステージから女子流ちゃんがどやどやと降りてくる。
そして走る女子流。行き先は控室。カメラさんは外に待たされ、音声さんだけ中へ入る。
ドアに張り紙が貼られる。張り紙にピンとが合い読んでみると…
「着替え中」
着替えのために引っ込んだ女子流ちゃんの舞台裏を観客に生中継するという趣向らしい。
斬新…。二度は使えないネタだけど。
ひーちゃんの何度とない
「唇が渇いた!!」
という謎の叫び声が印象的でした。


さて、着替えが終わり、舞台袖まで戻ってくる女子流。引っ込むスクリーン。


「キラリ☆」
しっかり歌詞の「キラリ☆」のとこは振りコピしましたよ!
一回目間違えて星間飛行の「キラッ」でやっちゃったけど!
「TGS16」
MC
あれっ?聴いたことない曲…と思ったら、3月リリースのタイトル未定新曲でした。
MCでその旨を紹介。
そしてここから怒涛の9曲連続!
ほんとちゃんと体力づくりしっかりしてるんだなーって感じ。


TGS18
Don't Be Cruel
W.M.A.D.
We Will Win!-ココロのバトンでポ・ポンのポ〜ン☆-
Love like candy floss
鼓動の秘密
Limited addiction
Liar
Attack Hyper Beat POP

新曲は両方ともちょっとまだ不安定だったかなー。特に高音が辛そうだった。
でも10月のホールコンであれだけ不安定だったLiarはほんとしっかり安定させてきてるから、新曲もリリースまでにはもっと完成度上がるんだろうなあ。
この9曲連続が一番高まったなー好きな曲のオンパレードだし!
Love like candy flossからの流れが好きすぎる…!
Liarで完全に高まりきったところでAttack Hyper Beat POPですよ…これはもう跳ばざるを得ない!!
セトリ作った人のしたり顔が見える!!


バンドメンバー紹介
MC(告知)
ここでバンドメンバー紹介。キーボードの人が女子流の曲作りを担当している松井さんだとここでようやく気がつく。
そしてMCでめいちゃんが3月リリースのシングルとアルバムの告知。
そして最後の曲
「おんなじキモチ」
もうこの曲楽しすぎてどうしようってくらい楽しい…!


アンコール
キラリ☆(アコースティックバージョン)


アンコール想定してなかったっぽいんですけどどうなんでしょう…。
キラリ☆アコースティックバージョン。
これは生バンドだからこそできる構成ですね。


そして最後にバンドさんを真ん中に読んで挨拶。
挨拶が終わってないのに緞帳が降りてきてしまい、真ん中まで来て止まるというぐだり。
そして挨拶が終わったあと再び緞帳が降り、ライブは終了!

楽しかったです。
期待を裏切らないパフォーマンスでした。
ステージから距離が遠くてもしっかり楽しませてくれるっていうのはやっぱ歌だったりダンスだったり力量がなきゃ難しいと思うので、さすがだなと思いました。
見るたびに上達しているっていうのも楽しい。

お客さんの感じも女子流は独特ですよね。
MIXもヲタ芸も打たないけど、ケチャと振りコピは全力!みたいな。
イントロとか間奏とか決して騒がしくないのに、振りコピが完璧なところにガチ具合を感じます。静かに熱い。
女子流の曲にMIXは合わないと思うので、自己顕示で意味分かんないとこでMIX打たないところは好感持てます。
あとあんま歌にかぶせるコールもないし。
お客さんの女子流の曲、生歌、ダンスへのリスペクトが感じられます。
ヲタを暴れさせなくてもこれだけお客さんに満足感を与えるのはやっぱパフォーマンスの良さだよなあ、と改めて思います。


時々歌が不安定になる時もあるけど、概ねパフォーマンスが安定してるので女子流は安心して見ていられます。
9曲連続も全然9曲連続を思わせないくらい安定してたし!

女子流は大きいとこのコンサートでも十二分に映えますね。
楽しかったー!



セットリスト

OP VTR
孤独の果て〜月が泣いている〜
きっと忘れない、、、
頑張っていつだって信じてる
MC(自己紹介)
ヒマワリと星屑
ゆうやけハナビ
サヨナラ、ありがとう。
MC
White Love
クリスマス・イブ
生中継「ただいま着替え中」
キラリ☆
TGS16
MC
TGS18
Don't Be Cruel
W.M.A.D.
We Will Win!-ココロのバトンでポ・ポンのポ〜ン☆-
Love like candy floss
鼓動の秘密
Limited addiction
Liar
Attack Hyper Beat POP
バンドメンバー紹介
MC(告知)
おんなじキモチ
アンコール

キラリ☆(アコースティックバージョン)