テニスの王子様〜15巻

登場人物多い!顔と名前覚えが悪いっていうのは現実でも漫画読んでても一緒ですね…。やっと主人公の居る学校のメンバーの顔とかキャラクターを掴めてきた感じします。スポーツ漫画は爽快感あって良いですね。
努力!→挫折!→さらなる努力!→勝利!
ストーリー的には言ってしまえば延々とこの繰り返しなのに飽きずに楽しく読み進められるのはすごいです。
何で魅せてるかっていうのは、特に決め技決めるシーンの爽快感、キャラクターの魅力、あとは読み手がそれだけ、登場人物の「成長」「挫折、困難、危機を乗り越えての勝利」にカタルシスを得てるんだろうなーと。

それってすごく女性アイドルの魅せ方に似てるなって思いました。
決め技決めるシーンの爽快感はアイドルで言うならライブ。そしてキャラクターの魅力。アイドルそれぞれの成長過程を見ることや、挫折、困難、危機を乗り越えてステージに笑顔で立っている、ということへの感動。


漫画はやっぱビジュアル付いてるっていうのは強いですよね。これを小説にして、漫画ぐらい面白くなれるかって甚だ疑問だし。スポーツ小説ってジャンルはあんまり聞かないけど、スポーツ漫画ってジャンルがしっかり確立されてるのは納得です。

それから、少女漫画にも一応スポーツ漫画ってジャンルはあるんですが、それと少年漫画のスポーツ漫画の違いが面白いです。
少年漫画はもう本当にほぼ「そのスポーツをしている瞬間」しか描いていないのに対して、少女漫画は恋愛とか友人関係とかの対人関係まで描いていることが多くて、そのスポーツをしている瞬間以外も描いていることが多い気がします。
スポーツを全てとして捉えてるか、人生の一部として捉えてるかっていうのはこれは性差がよく出てる感じがします。

テニスの王子様 (1) (ジャンプ・コミックス)

テニスの王子様 (1) (ジャンプ・コミックス)